[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

フォントウェイト (font-weight)

pointこの用語のポイント

point文字の太さだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

フォントウェイト (font-weight)とは

文字の太さのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

フォント」+「ウェイト」で「フォントウェイト」です。

フォントウェイト

フォントは「文字の書体」ね。
「メイリオ」とか「MS Pゴシック」とか「MS P明朝」とか、いろいろな種類があります。
どのフォントを選ぶかによって、文字の見た目が変わります。

フォントウェイト2

ただし、本ページでは単純に「文字」と読み替えてください。

ウェイトは「重さ」です……が、今回は「線の太さ」と読み替えてください。

以上を踏まえて「フォントの線の太さ」言い換えると「文字(の書体)の線の太さ」が「フォントウェイト」です。

日常生活では、あまり見かけませんけどね。
「フォントウェイト」という表現が出てくるのはホームページを作るときです。
「font-weight」の形で登場します。

ホームページを作るときには文字の太さも調整します。
その指定を「font-weight」と記述することで行うのです。

例えば

font-weight: bold

と書くと太字になります。

font-weight: lighter

と書くと、ちょっと細字になります。

そんな使われ方をするのが「font-weight」です。

Web屋さんやホームページ制作に関係する人以外は聞く機会がないと思いますが、もし聞いたら「あぁ、文字の太さのことね」と解釈してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「フォントウェイト」って単語が出てきたら「文字の線の太さなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク