[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

復調 (demodulation)

pointこの用語のポイント

pointやってきた波から情報を取り出すことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

復調 (demodulation)とは

電波などの波を使って情報を伝える際に、送られてきた波から元の情報を取り出す作業のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

ある日のことです。
ピヨ太君はピヨ子さんに電波を使って情報を伝えることにしました。
電波でビビビーです。

復調

ちなみに電波はじーっと見ると、ゆらゆらしています。
電波は波なのです。

復調2

さて、ピヨ太君は伝えたい情報を波にして送ります。
やり方はいろいろあるのですが、ピヨ太君は「基準となる波を用意して、その変化で情報を伝える」やり方を選びました。

まず、事前にピヨ子さんとの間で「何も伝えないことを表す波」を取り決めておきます。
何も伝えないときは、一定の大きさで、一定のペースで、ゆらゆらさせておくのです。

復調3

ピヨ子さんに情報を伝えたいときは、この波のゆらゆら具合を変えます。
波の大きさを変えたり、ゆらゆらのスピードを変えたりですね。
具体的には、伝えたい情報を波に変換して、それを「何も伝えないことを表す波」と合体させます。

復調4

そして「何も伝えないことを表す波と、伝えたい情報を変換した波を、合体した波」をピヨ子さんに送るのです。

復調5

そうするとピヨ子さんは、いつもと違う波を受け取ることになります。
「何も伝えないことを表す波」である、一定の大きさ&ペースでゆらゆらしている波とはちょっと違う波です。

復調6

あとは簡単です。

ピヨ子さんは、やってきた波から「何も伝えないことを表す波」を取り除きます。
そうすると「ピヨ太君の伝えたい情報を変換した波」が残ります。
あとは「ピヨ太君の伝えたい情報を変換した波」からピヨ太君の伝えたい情報を復元すれば、ピヨ太君からピヨ子さんに情報が伝わる理屈です。

復調7

このお話において、ピヨ子さんは、やってきた波から元の情報を復元しました。
このように、波から元の情報を取り出す作業が「復調」です。

復調8

なお「何も伝えないことを表す波」は「搬送波」や「キャリア波」と言います。

復調9

また、ピヨ太君は、伝えたい情報を波に変換して、それを「何も伝えないことを表す波」と合体させました。
そうすることによって「何も伝えないことを表す波」のゆらゆら具合を変えましたよね。
このように、伝えたい情報を「何も伝えないことを表す波」に乗せる作業、つまり「何も伝えないことを表す波」のゆらゆら具合を変える作業は「変調」と言います。

復調10

せっかくなので「搬送波」「変調」「復調」はセットで覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「復調」って単語が出てきたら「波から情報を取り出すことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク