[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ICAPクライアント

pointこの用語のポイント

pointICAPのお約束事に従って通信するコンピュータだよ

pointお仕事を依頼する方だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ICAPクライアントとは

ICAPという通信する上でのお約束事に従ってやり取りするコンピュータのうち、お仕事を依頼する方のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ICAP」+「クライアント」で「ICAPクライアント」です。

ICAPクライアント

ICAPは「プロキシサーバさん(とか)が仲間と連携するときに使うお約束事」ね。
プロキシサーバさんは仲間に「ちょっくら俺の仕事を手伝ってくんな」とお願いして連携することがあります。
その際に使う、通信する上でのお約束事です。

ICAPクライアント2

クライアントは「サービスや機能を使う側のコンピュータ」です。
例えば、ピヨ太君がアクマ君の屋台で焼きそばを買おうとしているとしましょう。
このときのピヨ太君、サービスを利用するお客さまがクライアントです。
※ついでに書いておくと、このときのアクマ君、サービスを提供するお店の人は「サーバ」と言います。

ICAPクライアント3

ここまでを踏まえて、ICAPのルールに従った通信をする際に、お仕事を依頼する方が「ICAPクライアント」です。
先程、ICAPは「ちょっくら俺の仕事を手伝ってくんな」とお願いして連携するときに使うお約束事だと書きました。
このときのお願いする方がICAPクライアントです。

ICAPクライアント4

なお、お願いされる方は「ICAPサーバ」と言います。

ICAPクライアント5

ついでなので、一緒に覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ICAPクライアント」って単語が出てきたら「ICAPで通信するコンピュータのうち、お仕事を依頼する方のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク