[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

MIT【ライセンス】

pointこの用語のポイント

pointソフトウェアのライセンスの種類だよ

point「自己責任で使え」「著作権の表示は消すな」「複製・改変・再配布・販売等は自由にやれ」なライセンスだよ

pointBSDライセンスの親戚だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

MIT【ライセンス】とは

BSDライセンスの親戚みたいなもの。
もう少し具体的に書くと

ソフトウェアのライセンス形態の一種で「自己責任で使え」「著作権の表示は消すな」「複製・改変・再配布・販売等は自由にやれ」な条件が指定されているライセンス
です。

image piyo

詳しく書くよ

※ライセンス関連は、解釈の仕方や見解の相違によってトラブルになることもあります。本ページ記載の内容は、あくまで私の理解です。間違ったことを書いているつもりはありませんが、絶対に正しいとは保証できませんし、不利益を被っても責任を取れません。お仕事関係で調べている人は特に、本ページの内容を鵜呑みにはせず、できれば専門家に相談してください。

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「ライセンス」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ライセンスは「どこまでやっていーよ」な権利です。
とはいえ、今回はソフトウェアのライセンスについて話します。
「そのソフトに対して、どこまでやっていーよ」な権利と解釈してください。

例えば、ぴよぴよライセンスがあったとしましょう。
ぴよぴよライセンスは「改造するのは自由にして良いけど、それを人にあげちゃ駄目だよ」なライセンスです。

MIT

ピヨ太君は、このぴよぴよライセンスが付いた「ぴよぴよソフト」を手に入れました。

MIT2

ぴよぴよライセンスは「改造するのは自由にして良い」ライセンスです。
ピヨ太君はぴよぴよソフトを改造して「スーパーぴよぴよソフト」を作りました。

MIT3

出来あがったスーパーぴよぴよソフトは中々の自信作です。
ピヨ子さんにも使わせてあげましょう。

MIT4

はい!ダメ!
ぴよぴよライセンスは「人にあげちゃ駄目だよ」なライセンスです。
ですから、ピヨ太君はスーパーぴよぴよソフトをピヨ子さんに上げることはできません。

MIT5

このように「何はして良いけど、何はしちゃ駄目だよ」言い方を変えると「どこまでやっていーよ」を規定したお約束事(ルール)が、ライセンスです。

ソフトウェアのライセンスの場合、例えば

・使って良いか
コピーして良いか
・改造して良いか
再配布して良いか
・販売して良いか
・著作権表示を削除して良いか


のような項目に対して、それぞれ「いーよ」「ダメだよ」が決められています。

以上を踏まえて本題です。

ソフトウェアのライセンスは、いろいろあります。
その「いろいろ」のひとつが「MIT」です。

マサチューセッツ工科大学(MIT)で考えられたライセンスだから、MITライセンスだそうです。
「ふーん」って感じですね。

MITは

1.自己責任で好きに使え
2.著作権の表示は消すな
3.複製・改変・再配布・販売等は自由にやれ


なライセンスです。
使った結果に責任は持たないけど、著作権表示を消さない限りは自由に使って良いよ!なライセンスですね。

MITライセンスは、著作権の表示にさえ気を付ければ、あとは好き勝手に使えます。
ゆるゆるです。フリーダムです。

なお、MITライセンスはBSDライセンスの親戚です。
微妙な違いはありますが、基本的には同じようなものだと考えて構いません。
※MITライセンスとBSDライセンスの微妙な違いが気になる方は、他のところで情報を補完してください。著作権の表示箇所とか、ちまちましたところが微妙に異なります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「MIT」って単語が出てきたら「ソフトウェアのライセンス形態の一つなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク