[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

LGPL【ライセンス】

pointこの用語のポイント

pointソフトウェアのライセンスの種類だよ

point「自己責任で使え」「著作権の表示は消すな」「複製・改変・再配布・販売等は自由にやれ」「中に組み込んで使うなら、再配布する物もLGPLライセンスにしろ(単にくっつけて使うだけなら好きにして良いよ)」なライセンスだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

LGPL【ライセンス】とは

GPLライセンスの縛りが少しゆるくなったライセンス。
もう少し具体的に書くと

ソフトウェアのライセンス形態の一種で「自己責任で使え」「著作権の表示は消すな」「複製・改変・再配布・販売等は自由にやれ」「中に組み込んで使うなら、再配布する物もLGPLライセンスにしろ(単にくっつけて使うだけなら好きにして良いよ)」な条件が指定されているライセンス
です。

image piyo

詳しく書くよ

※ライセンス関連は、解釈の仕方や見解の相違によってトラブルになることもあります。本ページ記載の内容は、あくまで私の理解です。間違ったことを書いているつもりはありませんが、絶対に正しいとは保証できませんし、不利益を被っても責任を取れません。お仕事関係で調べている人は特に、本ページの内容を鵜呑みにはせず、できれば専門家に相談してください。

順番に見ていきましょう。

ライセンスは「どこまでやっていーよ」な権利ね。
今回は、ソフトウェアのライセンスに付いてお話します。
つまり「そのソフトに対して、どこまでやっていーよ」な権利です。

例えば、ぴよぴよライセンスがあったとしましょう。
ぴよぴよライセンスは「改造するのは自由にして良いけど、それを人にあげちゃ駄目だよ」なライセンスです。

LGPL

ピヨ太君は、このぴよぴよライセンスが付いた「ぴよぴよソフト」を手に入れました。

LGPL2

ぴよぴよライセンスは「改造するのは自由にして良い」ライセンスです。
ピヨ太君はぴよぴよソフトを改造して「スーパーぴよぴよソフト」を作りました。

LGPL3

出来あがったスーパーぴよぴよソフトは中々の自信作です。
ピヨ子さんにも使わせてあげましょう。

LGPL4

はい!ダメ!
ぴよぴよライセンスは「人にあげちゃ駄目だよ」なライセンスです。
ですから、ピヨ太君はスーパーぴよぴよソフトをピヨ子さんに上げることはできません。

LGPL5

このように「何はして良いけど、何はしちゃ駄目だよ」言い方を変えると「どこまでやっていーよ」を規定したお約束事(ルール)が、ライセンスです。

ソフトウェアのライセンスの場合、例えば

・使って良いか
コピーして良いか
・改造して良いか
再配布して良いか
・販売して良いか
・著作権表示を削除して良いか


のような項目に対して、それぞれ「いーよ」「ダメだよ」が決められています。

そのような感じで、ソフトウェアに対してやって良いこととダメなことを決めたライセンスが何種類かあるのですが、その中の一つに「GPL」というライセンスがあります。

GPLは

1.自己責任で好きに使え
2.著作権の表示は消すな
3.複製・改変・再配布・販売等は自由にやれ
4.再配布する物もGPLライセンスにしろ


なライセンスです。
使った結果に責任は持たないけど、著作権表示を消さない限りは自由に使って良いよ!なライセンスですね。

ただし「4.再配布する物もGPLライセンスにしろ」というルールがあります。
これは、GPLライセンスのソフト(プログラム)を改造したり、流用したり、組み込んだりして出来上がったソフトも、公開するときはGPLライセンスにしろよ!な指示です。

ここまでを踏まえて、GPLライセンスの「4.再配布する物もGPLライセンスにしろ」の縛りが少しゆるくなったライセンスが「LGPL」です。
「GNU Lesser General Public License(ジーエヌユー・レッサー・ジェネラル・パブリック・ライセンス)」の略で「LGPL」ですが、覚える必要はありません。

GPLは「GPLで公開しろよ!」でした。
基本的には問答無用です。
それに対し、LGPLは「中に組み込んで使った場合は、LGPLで公開しろよ!」なのです。

ポイントは「中に組み込んで使った場合は」です。
外に置いておいて、必要に応じて利用するだけなら、LGPLライセンスにする必要はありません。

例えば、ここにLGPLライセンスなプログラムの部品「sub_piyo.dll」があったとしましょう。

LGPL6

この部品を中に組み込んで、プログラム「piyo.exe」を作りました。

LGPL7

LGPLライセンスである「sub_piyo.dll」を中に組み込んで作ったプログラム「piyo.exe」はLGPLライセンスで公開する必要があります。

LGPL8

プログラムの部品によっては、中に組み込むのではなく、くっつけて利用するだけ、という使い方もできます。
その部品はそのまま外に置いておいて、必要に応じて他のプログラムから利用する形です。
これを専門用語では「動的リンクとして使用する」と言ったりします。

先程の例で言えば「sub_piyo.dll」と「piyo.exe」を別々に用意して、必要に応じて「piyo.exe」から「sub_piyo.dll」を呼び出す形です。
実際には「sub_piyo.dll」が無いと「piyo.exe」は動きませんが、物としては「sub_piyo.dll」と「piyo.exe」は別物です。

LGPL9

このような使い方をする場合には「piyo.exe」のライセンスは好きにして構いません。
「sub_piyo.dll」は元々がLGPLライセンスなので引き続きLGPLライセンスになりますが、それを利用している「piyo.exe」はLGPLライセンスにする必要は無いのです。

LGPL10

このようにGPLライセンスの「再配布する物もGPLライセンスにしろ!」の縛りがちょっとゆるくなったのがLGPLです。
「ゲストとして迎え入れてそのまま利用するだけなら好きにして良いよ。がっつり組み込むなら、公開するときはLGPLにしろよ!」ですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「LGPL」って単語が出てきたら「ソフトウェアのライセンス形態の一つなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク