[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

単価記号

pointこの用語のポイント

point文字だよ

point「@」だよ

point「アットマーク」とも言うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

単価記号とは

「アットマーク」のこと。
つまり

「@」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「アットマーク」の説明と、ほとんど同じです。既に「アットマーク」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

Windows用のキーボードの場合ですが「P」の右横にあるキーを押すと「@」が入力されますよね。
そいつが単価記号です。

単価記号

例えば

@100円×3個

のような書き方をすることで「単価が100円の物を3個」を意味します。
単価を表す記号だから単価記号です。
そのまんまですね。

とはいえ、IT関連で出てきた場合は、単価記号として使われていることは多くありません。
単に区切り文字や目印として使われることが多いです。
それに伴い、呼び方も「単価記号」ではなく「アットマーク」と呼ばれることがほとんどです。

例えば、メールアドレスの「自分は誰ですよ~」が書いてある部分と「このメールアドレスがある場所はどこですよー」な部分が書いてある部分の区切りとして、アットマークが使われます。

単価記号2

あるいは、Perlというプログラミング言語では、配列を表す記号としてアットマークが使われます。
例えば

@x = (1, 2);

と書くと、配列の変数「x」に「1」と「2」を入れますよ~な内容になります。

あるいは、PHPというプログラミング言語では、エラーを読み捨てるときに使います。
例えば

@$cls->func1();

のように書くと、関数「func1()」内で起こったエラーが無視されます。

このように、単純に何らかの目印として使われることが多い文字です。

単価を表すために使う場合は「単価記号」と呼ばれるかもしれませんが、普段は、まず間違いなく「アットマーク」呼びですね。
単価記号という呼び方を覚えておいても良いですが、登場頻度は多くないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「単価記号」って単語が出てきたら「『@』のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク