[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

セッションストレージ (sessionStorage)

pointこの用語のポイント

pointホームページで扱うデータを保存しておく場所で、セッションっぽいやつだよ

pointHTML5で登場したよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

セッションストレージ (sessionStorage)とは

ウェブストレージ(ホームページで扱うデータを保存しておく場所)の一つで、セッションっぽいウェブストレージのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

ウェブストレージは「ホームページで扱うデータを保存しておく場所」ね。
HTML5で登場した概念で、cookieセッションといった仕組みの代わりになることが期待されています。

HTML」「cookie」「セッション」といった用語が分からない方は、頑張ってお勉強してください。

……と突き放すのも感じが悪いので、簡単に書いておきましょうかね。

HTMLはホームページを作る際に使われる技術のひとつです。
HTMLのバージョン5を「HTML5」と表現します。

cookieは「Webサーバ(ホームページのファイルを置いてあるコンピュータ)がWebブラウザ(ホームページを見るソフト)にこっそり渡すメモ」です。

セッションは、本来の意味は「『こんにちは』から『さようなら』まで」ですが、ここでは「最初から最後までの一連の流れで有効な伝言板」と解釈してください。

cookieやセッションがよく分からない人は、取りあえず「ホームページで扱うデータを保存しておく場所」とだけ覚えてください。
例えば、ブログのコメントを書くときに入力した名前が、次にブログを見たときには最初から表示されている場合がありますよね。
あんなことをやるときに使います。

HTML5において、このcookieやセッションの代わりとするために用意された仕組みが、ウェブストレージです。

そして、ウェブストレージは二種類あります。

一つは「セッションっぽいウェブストレージ」です。
そこに保存したデータはWebブラウザを終了すると捨てられちゃいます。

セッションストレージ

もう一つは「cookieっぽいウェブストレージ」です。
そこに保存したデータはWebブラウザを終了しても残ります。

セッションストレージ2

この二つのウェブストレージのうち「セッションっぽいウェブストレージ」の名前が「セッションストレージ(sessionStrage)」です。
そのまんまと言えば、そのまんまですね。

ついでに書いておくと「cookieっぽいウェブストレージ」の方は「ローカルストレージ(localStrage)」と言います。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「セッションストレージ」って単語が出てきたら「セッションっぽいウェブストレージのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク