[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

UDID

pointこの用語のポイント

pointiPhoneとかiPadの背番号だよ

point端末一台一台に割り振られているよ

point重複しないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

UDIDとは

iPhoneとかiPadの端末一台一台に割り振られている重複のない番号のこと。
もう少しざっくり書くと

iPhoneとかiPadの背番号
です。

image piyo

詳しく書くよ

iPhoneとかiPadの端末それぞれに振られている固有の番号が「UDID(ユーディーアイディー)」です。
Unique Device Identifier(ユニーク・デバイス・アイデンティファイア)」の頭文字を取って「UDID」ね。
直訳すると「ユニーク(Unique)デバイス(Device)ID(Identifier)」です。

UDID

ちなみに、ユニークは「重複しないよ~」を意味します。

UDID2

デバイスは「コンピュータにくっつける部品(機器)」という意味があったりしますが、ここでは「端末」と解釈してください。

UDID3

IDは「他の人と区別するための番号」です。

UDID4

要するに、iPhoneとかiPadの端末に付けられる背番号みたいなものですね。
一台一台に別の番号が振られるので、それを見ればどの端末か特定できます。

みなさんは、ガラケー時代に流行った「個体識別番号」という用語を聞いたことが無いでしょうか。
個体識別番号は、携帯電話の端末一台一台に割り振られている重複のない番号です。
それのApple製品(iPhoneとかiPadとか)版がUDIDです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「UDID」って単語が出てきたら「iPhoneとかiPadの背番号なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク