[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

chkntfs【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindows系で使えるコマンドだよ

pointパソコン起動時のチェックディスク実行をスケジューリングするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

chkntfs【コマンド】とは

パソコンを起動したときにチェックディスクを実行するか指定するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

チェックディスクは「ハードディスク内の(ソフト的に)おかしいところを探して出来るだけ直してくれる、Windowsの機能」ね。

chkntfs

このチェックディスクを、パソコンさんを起動したときに自動的に実行するか指定するコマンドが「chkntfs」コマンドです。

「chkntfs」コマンドはWindows系で使えます。

書き方は

chkntfs [オプション] [対象の場所]

です。

オプションは、ちらほらとあります。

オプション説明
/D設定を元の状態(既定値)に戻す
/T:【時間】実行までのカウントダウン時間とやらを設定する。(指定された時間を秒に変換して、AUTOCHK を開始するカウントダウン時間へ設定します。)指定しなければ現在の設定を表示する
/X指定した場所をチェック対象から除外する
/C指定した場所をチェック対象に含める

ですね。

「chkntfs」は管理者権限で実行する必要があります。
普通の人権限で実行しようとしても実行できなません。
ご注意ください。

それでは、実際の使い方を見てみましょう。

何もオプションを指定しないで実行すると、現在の設定が表示されます。
私の環境では、最初の状態で

chkntfs C:

を実行したところ

ファイル システムの種類は NTFS です。
C: は正常です。


のようなメッセージが表示されました。
「C:」はCドライブを指定しています。

次に、次回起動時のチェックディスクの実行を指定してみます。
次回起動時にCドライブをチェックしたければ

chkntfs /C C:

のように「/C」オプションを付けて実行します。
特に「設定しました」的なメッセージは表示されませんが、設定はされています。

この状態で再度現在の設定を確認してみましょう。

chkntfs C:

を実行したところ

ファイル システムの種類は NTFS です。
次回の再起動時にボリューム C: で Chkdsk を実行するように、手動で
スケジュールされています。


のようなメッセージが表示されました。
おぉ、ちゃんとスケジューリングされていますね。

それでは、今度はCドライブをチェック対象から外してみます。
チェック対象から外すときは「/X」オプションを指定して

chkntfs /X C:

を実行します。
私の環境では、実行すると

ファイル システムの種類は NTFS です。

なるメッセージが表示されました。
この状態で再度

chkntfs C:

を実行したところ

ファイル システムの種類は NTFS です。
C: は正常です。


のようなメッセージが表示されました。
Cドライブがチェック対象から外されて、最初の状態に戻りました。

いろいろ触っていて訳が分からなくなったら「/D」オプションを指定して実行します。

chkntfs /D

を実行すると「カウントダウン時間の設定以外が」最初の状態に戻ります。

なお、カウントダウン時間(起動から実行までの猶予時間?)の設定は「/T」オプションを指定して行います。
例えば

chkntfs /T:30

を実行すると、カウントダウン時間が30秒に設定されます。
数字を指定しないで

chkntfs /T

を実行すると

AUTOCHK を開始するカウントダウン時間は 10 秒に設定されました。

のような形で、現在の設定が確認できます。
表示しただけなのに「設定されました」となっているのは、単にメッセージを使いまわしているからでしょう。
気にする必要はありません。

「chkntfs」コマンドの使い方としては、そんなところです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「chkntfs」ってコマンドが出てきたら「パソコン起動時のチェックディスク実行を指定するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク