[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ニアラインSAS (NL-SAS)

pointこの用語のポイント

pointSAS接続のハードディスクだよ

point本来のSAS接続のハードディスクより、性能はちょっと落ちるよ

point本来のSAS接続のハードディスクより、安価で大容量だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ニアラインSAS (NL-SAS)とは

SAS接続のハードディスクとSATA接続のハードディスクの中間くらいのやつ。
もう少し具体的に書くと

本来のSAS接続のハードディスクより性能は少し落ちるけど、その分、安価で大容量なSAS接続のハードディスクのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

ハードディスクは「データを入れておく箱」ね。

ニアラインSAS

現在のハードディスクは、大雑把に「SATA接続のハードディスク」と「SAS接続のハードディスク」に分類することができます。

「SATA」や「SAS」はコンピュータと周辺機器を接続するための規格ですが、ここでは内容を気にする必要はありません。
まずは

SATA接続のハードディスクとSAS接続のハードディスクがある

というのを覚えてください。
※他にもあるといえばありますが、今回は気にしないでください。

ニアラインSAS2

SATA接続のハードディスクとSAS接続のハードディスクを比較すると、SATA接続のハードディスクの方が、お値段が安いです。
その代わり、SAS接続のハードディスクの方が、あれやこれやの部分で優秀です。

ニアラインSAS3

そのため、普通のパソコンのように「まぁ、それなりに頑張ってくれれば良いかな」な場合は、SATA接続のハードディスクが使われることが多いです。
24時間365日、ひたすら酷使される業務用コンピュータのように「すっげー頑張ってもらいたいのよ」な場合は、SAS接続のハードディスクが使われます。

ニアラインSAS4

あるとき、本来のSAS接続のハードディスクより性能はちょっと落ちるけど、その分、安いSAS接続のハードディスクが売られました。
ついでに書いておくと、安いということは、その分、大容量にできるということです。

このような「本来のSAS接続のハードディスクより性能はちょっと落ちるけど、その分、安くて大容量なSAS接続のハードディスク」が「ニアラインSAS」です。
「NL-SAS」「ニアラインSASドライブ」「ニアラインSASディスク」など、いろいろな表現がありますが、そこら辺は柔軟に読み替えてください。

ニアラインSASは、中身がSATA接続のハードディスクっぽいやつです。
でも頑張って、SAS接続をするのです。

ニアラインSAS5

ですから、SATA接続のハードディスクと比較すると、SAS接続の分だけ優秀です。
本来のSAS接続のハードディスクと比較すると、中身がSATA接続のハードディスクっぽい分だけ安いです。

このように、SAS接続のハードディスクではあるけど、SAS接続のハードディスクとSATA接続のハードディスクの中間っぽいやつが、ニアラインSASです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ニアラインSAS」って単語が出てきたら「本来の物より性能は落ちるけど安価なSAS接続のハードディスクなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク