[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

プロトコルファミリ (protocol family)

pointこの用語のポイント

point通信プロトコルの詰め合わせだよ

pointその通信をするのに必要なお約束事を全部まとめたものだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

プロトコルファミリ (protocol family)とは

通信するときに必要なお約束事のセットメニュー(マク○ナルドのバ○ューセットみたいなもの)。
もう少し真面目に書くと

目的の通信をするために必要な通信プロトコル(通信する上でのお約束事)をひとまとめにしたもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

通信プロトコルは「通信する上でのお約束事」ね。

何らかの通信をするときには、一種類の通信に対して複数のお約束事が登場します。
その複数のお約束事をひとまとめにしたものが「プロトコルファミリ」です。

と言われても、よく分かりませんよね。
順番に見ていきましょう。

あるとき、ピヨ太君がピヨ子さんに電話を掛けました。

ピヨ太君は、まずピヨ子さんの電話番号を入力し、通話ボタンを押します。
電話がつながったら「もしもし、ピヨ太ですけど」と自分の名前を名乗り「ピヨ子さんですか?」と相手の名前を確認します。
そして、相手がピヨ子さんであることが確認できたら、ぺちゃくちゃとお喋りを始めます。

プロトコルファミリ

ピヨ太君は

・電話番号を入力
・通話ボタンを押す
・自分の名前を名乗る
・相手の名前を確認する


の手順を踏んで、電話を掛けました。
言い方を変えれば「これらのお約束事に従って」電話を掛けましたね。

さて、次の日、ピヨ太君はピヨ子さんにテレビ電話を掛けました。

ピヨ太君は、まずピヨ子さんの電話番号を入力し、通話ボタンを押します。
テレビ電話なので、お互いの顔は画面を見れば分かります。
ピヨ太君は、自分の名乗りと相手の確認を省略して、早速本題に入りました。

プロトコルファミリ2

このときのピヨ太君は

・電話番号を入力
・通話ボタンを押す


の手順を踏んで、テレビ電話を掛けました。
言い方を変えれば「これらのお約束事に従って」テレビ電話を掛けましたね。

このお話に登場したお約束事一つ一つが通信プロトコルです。
そして、電話用・テレビ電話用のお約束事をそれぞれひとまとめにしたものが、プロトコルファミリです。

■通信プロトコル
・電話番号を入力
・通話ボタンを押す
・自分の名前を名乗る
・相手の名前を確認する

■プロトコルファミリ(電話用)
・電話番号を入力+通話ボタンを押す+自分の名前を名乗る+相手の名前を確認する

■プロトコルファミリ(テレビ電話用)
・電話番号を入力+通話ボタンを押す


となります。

実際の通信も同じです。
例えば、インターネットをするときには「TCP」「IP」「HTTP」など、複数のお約束事に従った通信を行うことで、はじめてインターネットが使えます。
どれか一つだけを守ってもインターネットは使えません。
すべてのお約束事を守って、はじめてインターネットが使えます。

お約束事一つ一つが通信プロトコルです。
そして、これらのお約束事の集合体、その通信を行うために必要な通信プロトコルをひとまとめにしたものが、プロトコルファミリです。

まだよく分からりませんか?
仕方ありませんね~。
それなら、ハンバーガーのセットメニューみたいなものだとお考えください。

プロトコルファミリ3

チーズバーガーとポテトと飲み物の組み合わせでチーズバーガーセット、シェフの気まぐれバーガーとポテトと飲み物の組み合わせでぴよぴよバーガーセット、のように単品の商品の組み合わせで一つのセットメニューになりますよね。
単品の商品が通信プロトコル、セットメニューがプロトコルファミリのイメージです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「プロトコルファミリ」って単語が出てきたら「通信プロトコルのセットメニューなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク