[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

デュアルスタック (dual stack)

pointこの用語のポイント

point一つの機器にIPv4とIPv6を共存させるための仕組みだよ

point単に、何かと何かを共存させるための仕組みを指す場合もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

デュアルスタック (dual stack)とは

「IPv4IPv6デュアルスタック」のこと。
つまり

一つの機器で、IPv4形式のIPアドレスも使えるし、IPv6形式のIPアドレスも使えるようにするための仕組み
です。
あるいは、ごくごくまれにですが、単に

何かと何かを共存(並行運用)させるための仕組み
を意図して使われる場合もあります。

image piyo

詳しく書くよ

IPv4IPv6デュアルスタックは「一つの機器でIPv4IPv6を両方使えるようにするための仕組み」ね。

今までのネットワークの世界では「192.168.1.1」のような形式のIPアドレスを使っていました。
このような形式を「IPv4」と言います。

デュアルスタック

ところがどっこい、IPアドレスを作った人の予想以上にたくさんの人がコンピュータを使うようになりましてね。
IPアドレスの数が足りなくなってきたのです。

そこで、IPv4形式のIPアドレスよりも、もっとさくさんのIPアドレスを作れるように、新しい形式のIPアドレスが作られました。
新しいIPアドレスは「8fe0::8f61:ac8:30cd:a16e」のような、長ったらしい形式になっています。
このような形式を「IPv6」と言います。

デュアルスタック2

今まではIPv4形式が主流でした。
これからはIPv6形式が主流になっていくでしょう。
将来的には、IPv4形式を使うことは無くなって、IPv6形式を使う機器しかなくなるはずです。

それでは、今は?
今はどうでしょうか?

恐らく、気が早い機器は、IPv6に対応しているはずです。
のんびり屋さんな機器は、まだまだIPv4で行くつもりでしょう。

つまり、過渡期にある今は、IPv4とIPv6が混在している状態と言えます。
そのため、IPv4形式のIPアドレスも使えるし、IPv6形式のIPアドレスも使えることが求められました。

これを実現するための仕組みの一つが「IPv4IPv6デュアルスタック」です。

デュアルスタック3

IPv4IPv6デュアルスタックは、一つの機器に2つのIPアドレス(IPv4形式とIPv6形式)を割り当てることができるようにするための仕組みとも言えます。
一つの機器にIPv4形式のIPアドレスとIPv6形式のIPアドレスを割り当てることができれば、IPv4のネットワークではIPv4形式のIPアドレスを使ってやり取りできますし、IPv6のネットワークではIPv6形式のIPアドレスを使ってやり取りできる理屈です。

デュアルスタック4

前振りが長くなりましたが、このIPv4IPv6デュアルスタックの省略表現が「デュアルスタック」です。
IPアドレス関連のお話で出てきた場合は、まず間違いなく、IPv4とIPv6を共存させるための仕組みを指します。

ただし、ごくごくまれにですが、IPv4やIPv6にこだわらないで、単に「何かと何かを共存(並行運用)させるための仕組み」の意図で「デュアルスタック」と表現する場合もあるようです。
本当に、ごくごくまれに、ですけどね。
念の為、頭の片隅にでも置いておいてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「デュアルスタック」って単語が出てきたら「一つの機器でIPv4とIPv6を両方使えるようにするための仕組み、あるいは、何かと何かを共存させるための仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク