[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

IPv4IPv6デュアルスタック

pointこの用語のポイント

point一つの機器にIPv4とIPv6を共存させるための仕組みだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

IPv4IPv6デュアルスタックとは

一つの機器で、IPv4形式のIPアドレスも使えるし、IPv6形式のIPアドレスも使えるようにするための仕組み
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

IPアドレスは「コンピュータさん向けのネットワーク上の住所」ね。
通信において、送信先を特定するときに使う情報です。

IPv4IPv6デュアルスタック

今までのネットワークの世界では「192.168.1.1」のような形式のIPアドレスを使っていました。
このような形式を「IPv4」と言います。

IPv4IPv6デュアルスタック2

ところがどっこい、IPアドレスを作った人の予想以上にたくさんの人がコンピュータを使うようになりましてね。
IPアドレスの数が足りなくなってきたのです。

そこで、IPv4形式のIPアドレスよりも、もっとさくさんのIPアドレスを作れるように、新しい形式のIPアドレスが作られました。
新しいIPアドレスは「8fe0::8f61:ac8:30cd:a16e」のような、長ったらしい形式になっています。
このような形式を「IPv6」と言います。

IPv4IPv6デュアルスタック3

今まではIPv4形式が主流でした。
これからはIPv6形式が主流になっていくでしょう。
将来的には、IPv4形式を使うことは無くなって、IPv6形式を使う機器しかなくなるはずです。

それでは、今は?
今は、どうでしょうか?

おそらく、気が早い機器は、IPv6に対応しているはずです。
のんびり屋さんな機器は、まだまだIPv4で行くつもりでしょう。

つまり、過渡期にある今は、IPv4とIPv6が混在している状態と言えます。
そのため、IPv4形式のIPアドレスも使えるし、IPv6形式のIPアドレスも使えることが求められました。

これを実現するための仕組みのひとつが「IPv4IPv6デュアルスタック」です。
「IPv4/IPv6デュアルスタック」や「IPv4IPv6 デュアル・スタック」など、人によって細かい表現の違いはありますが、すべて同じものと考えて下さい。
IPv4形式でもやり取りできるしIPv6形式でもやり取りできるようにしてくれるための仕組みです。

IPv4IPv6デュアルスタック4

言い方を変えると、IPv4IPv6デュアルスタックは、一つの機器に2つのIPアドレス(IPv4形式とIPv6形式)を割り当てることができるようにするための仕組みです。
そうすれば、IPv4のネットワークではIPv4形式のIPアドレスを使ってやり取りできますし、IPv6のネットワークではIPv6形式のIPアドレスを使ってやり取りできます。

IPv4IPv6デュアルスタック5

なお、IPv4IPv6デュアルスタックの具体的な仕組みについては、ここでは触れません。
興味がある方は、専門的に解説しているところで情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「IPv4IPv6デュアルスタック」って単語が出てきたら「一つの機器でIPv4とIPv6を両方使えるようにするための仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク