[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SAS

pointこの用語のポイント

pointコンピュータと周辺機器を接続するための規格だよ

pointSCSIっぽいやつだよ

point一本の線で接続するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SASとは

コンピュータと周辺機器を接続するための規格のひとつで、1本の線で接続する版SCSI
です。

image piyo

詳しく書くよ

SCSI(スカジー)は「コンピュータと周辺機器を接続するための規格(のひとつ)」ね。
スカしてる奴なので「スカジー」と読みます。

SAS

実はこのSCSIさん、複数の線でコンピュータと周辺機器を接続します。
小難しい言い方をすると、パラレル接続なのです。

SAS2

ところがどっこい、技術の進歩と諸々の事情により「1本の線で接続した方が良い感じになるんじゃね?」な状況になりました。

よっしゃ!分かりました。作りましょう。
そう考えたどこかの誰かが、1本の線で接続するSCSIを作ったのです。
ちょっと小難しい言い方をすると「シリアル接続のSCSI」を作りました。

SAS3

この「1本の線で接続するSCSI」が「SAS(サス)」です。
Serial Attached SCSI(シリアル・アタッチト・スカジー)」の略で「SAS」ね。
文字通り、シリアル(Serial)でくっつけた(Attached)SCSI(SCSI)です。

SAS4

少し話が逸れますが、みなさんは「IDE」という用語をご存知でしょうか。

IDEは、コンピュータにハードディスクとかを接続するための規格のひとつです。
IDEは複数の線で接続するパラレル接続です。

このIDEと似たような感じで、線で接続するようになった規格を「SATA」と言います。
SATAは「1本の線で接続する版IDE」です。

SAS5

SCSIとSASの関係は、このIDEとSATAの関係と同じです。
パラレル接続(複数の線で接続)が時代遅れになって生まれたシリアル接続(1本の線で接続)版が、SASでありSATAです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SAS」って単語が出てきたら「コンピュータと周辺機器を接続するための規格なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク