[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

光ケーブル

pointこの用語のポイント

point通信用のケーブル(線)だよ

point光信号が中を通るよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

光ケーブルとは

ピカっ!な光信号が中を通る、通信用の線のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「光ファイバー」の説明と、ほとんど同じです。既に「光ファイバー」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

光信号は「ピカっ!な光で情報を伝える信号」ね。

光ケーブル

ケーブルは「通信するときにつなぐ物理的な線」です。
LANケーブルプリンタケーブルのように「○○ケーブル」といった使い方をされることが多いです。

光ケーブル2

それを踏まえて「ピカっ!な光信号が中を通る、通信用の線」が「光ケーブル」です。
線の中を、光信号さんが、えっちらおっちら駆け抜けます。

光ケーブル3

光ケーブルは、素材の観点から、お高いガラス製の物と比較的安価なプラスチック製の物に分けられます。
細かい違いはいろいろありますが

ガラス製:お高いけど性能が良い
プラスチック製:安いけど性能もそれなり


と捉えれば、問題は無いでしょう。

大雑把に、ガラス製は高速道路でプラスチック製は一般道路と捉えても構いません。
ガラス製は、中を通る光信号さんが疲れにくい(損失が小さい)ので、線が長くなっても大丈夫です。
プラスチック製は、中を通る光信号さんが疲れやすいので、比較的短い距離で使われます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「光ケーブル」って単語が出てきたら「中を光信号が通る通信用の線なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク