[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ソフトウェア開発キット (SDK)

pointこの用語のポイント

pointソフトウェアを作る上で必要な物の詰め合わせだよ

point中身は、プログラムの部品とか、開発するための環境とか、サンプルコードとか、技術的な説明資料とかが入っていることが多いけど、物によって違うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ソフトウェア開発キット (SDK)とは

プログラムの部品とか、開発するための環境とか、サンプルコードとか、技術的な説明資料とか、その技術なり部品なりを使ってソフトウェアを作るために必要なあれこれを詰め合わせた物のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ソフトウェアを開発するためのあれこれが詰め込まれたキット(一式)が「ソフトウェア開発キット」です。
「ソフトウェア開発キット」という表現を聞く機会は、あまり多くないと思いますけどね。
お仕事現場では「Software Development Kit(ソフトウェア・デベロップメント・キット)」の頭文字を取って「SDK」と呼ばれることが多いです。

例えば、ピヨ太君が画期的なプログラミング言語「ピヨ言語」を開発したとしましょう。

ソフトウェア開発キット(SDK)

このピヨ言語を使って、いろいろな人にいろいろなソフトウェアを作ってもらいたいです。
そこでピヨ太君は、ソフトウェア開発者のみなさんのために、至れり尽くせりな環境を用意することにしました。
少しでも、楽にピヨ言語を使ったソフトを作ってもらいたかったのです。

まずピヨ太君は、ピヨ言語で作ったプログラムを動かすために必要な環境を用意しました。
いわゆる一つの「実行環境」ってやつです。

ソフトウェア開発キット(SDK)2

次にピヨ太君は、ピヨ言語で作ったプログラムのおかしいところを簡単に見つけられるプログラムを用意しました。
専門用語で言うと「デバッグツールデバッガ)」ってやつです。

ソフトウェア開発キット(SDK)3

あとは、そうですね。
何も無いところからプログラムを作るのは大変なので「例えば、こんなことができますよ」なサンプルプログラムも用意しました。

ソフトウェア開発キット(SDK)4

えーい、ここまで来たら出血大サービスです。
ピヨ太君が心を込めて書いた「ピヨ言語使い方ガイド」も付けちゃいましょう。
「これを読めば、あなたもピヨ言語マスター!」な資料です。

ソフトウェア開発キット(SDK)5

そしてピヨ太君は、これらの物を一つにまとめて配りました。
名付けて「これがあれば、簡単!確実!あっという間!ピヨ言語のプログラム開発便利道具一式詰め合わせセット」です。

……ネーミングセンスが最悪ですね。
もっとスッキリした言い方はできないのでしょうか。

気を取り直して、このピヨ太君の作った「これがあれば、簡単!確実!あっという間!ピヨ言語のプログラム開発便利道具一式詰め合わせセット」がピヨ言語のSDKです。
ピヨ言語というプログラミング言語でソフトウェアを開発する上で、便利な物の詰め合わせセットですね。

ソフトウェア開発キット(SDK)6

SDKは、多くの場合、その技術なり部品なりの開発元が提供してくれています。

そして、物によって中身が違います。
ピヨ言語のSDKよりも、もっといろいろ入っている場合もあれば、もっと少ない場合もあるでしょう。

共通点は「その技術を使ってソフトウェアを開発する上であると便利な物」です。
実際に何が入っているかは、ケース・バイ・ケースです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ソフトウェア開発キット(SDK)」って単語が出てきたら「ソフトウェアを作るときにあると便利なあれこれを詰め合わせたものなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク