[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

まとめサイト

pointこの用語のポイント

pointホームページだよ

pointインターネット上に公開されている情報をまとめたものだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

まとめサイトとは

インターネット上に公開されている情報を集めて、整理して、再構築したホームページのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

インターネットの世界には膨大な情報が転がっています。
某お食事リアクション芸能人さん風に表現すれば「うわー、玉石混交な情報の大洪水やぁ」です。

その情報の大洪水の中から、特定の分野や共通要素のある情報を集めて整理して再構築したホームページが「まとめサイト」です。

文字通り「まとめ」+「サイト」で「まとめサイト」ですね。

まとめサイト

「まとめ」は、そのまんま「まとめ」です。
「サイト」は「Webサイト」の省略表現で、ホームページのことです。

まとめサイトには、某巨大匿名掲示板の発言をまとめたものや、某つぶやきサービスの発言内容をまとめたもの、あるいは、ジャンルを問わず利用者がまとめることができるサービスなど、多種多様なものがあります。

ここでポイントとなるのは「既にインターネット上で公開されている」情報をまとめたホームページである点です。
例えば、紙媒体の情報を整理して再編して公開したものなどは、まとめサイトとは呼ばないでしょう。

また、まとめサイトは、カッコつけて「キュレーションサイト」と表現される場合もあります。
キュレーションは「情報を集めて整理して公開すること」ね。

まとめサイト2

あくまで個人的な印象ですが、某巨大掲示板をまとめたホームページなど、個人が運営していたり、ジャンルがサブカル寄りだったり、カジュアルなホームページは「まとめサイト」と呼称することが多いような気がします。
一方で、企業が事業として提供しているオフィシャルなサービスなどは、カッコつけて「キュレーションサイト」と表現していることが多いはずです。
やっていることは、同じですけどね。
言葉の持つ印象の違いから、そのような使い分けがなされているのでしょう。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「まとめサイト」って単語が出てきたら「インターネット上に公開されている情報をまとめたホームページなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク