[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コア欠け

pointこの用語のポイント

pointCPUのコアに傷が付いている状態だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コア欠けとは

CPUのコアに傷が付いている状態のこと。
もう少し噛み砕いて書くと

パソコンさんの脳みそであるCPUさんの脳みそに傷が付いている状態のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

CPUは「実際に計算したりあれやこれやの処理を実行するパソコンの部品」ね。

コア欠け

パソコンさんの脳みそに相当する部品です。

コア欠け2

コアは「CPUの脳みそ」です。
CPUの中核となる部分で、実際にCPUとしてのお仕事を行う部分になります。

コア欠け3

それを踏まえて、このCPUの脳みそに傷が付いている状態が「コア欠け」です。
文字通り、コアが欠けているから「コア欠け」ですね。

コア欠け4

普通にパソコンさんを使っている分には、ほっとんど意識する機会は無いでしょう。
「コア欠け」というのは、CPUを分解(殻割り)したときのお話でたまに登場する、悲哀に満ちた用語です。
「CPUの大事な部分に傷を付けちまったぜー。動かなくなったぜー。へっへーん。えーん」を意味します。

CPUさんというのは、コアにほんのちょびっと傷が付いたり欠けたりしただけでも、お亡くなりになる場合があるのですよ。

コア欠け5

この用語を使っている人を見かけたら、そっとしておいてあげてください。
きっと、その人は内心涙目になっているはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コア欠け」って単語が出てきたら「CPUの脳みそが傷ついた状態のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク