[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

tracert【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointWindowsとUNIX系で使えるコマンドだよ

point通信経路を調査するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

tracert【コマンド】とは

どんな経路を通って通信相手のところまで行くか確認するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

最初に留意事項です。
本ページでは、Windows系で使えるコマンドの「tracert」コマンドについて説明します。
UNIX系(LinuxとかMacとか)で使える「tracert」コマンドについては「traceroute」の解説をご覧ください。

それでは、Windows系の「tracert」コマンドについて書いていきます。

「tracert」コマンドは、コマンドライン上から通信相手までの通信経路(どんな道を通って相手のところまで辿り着くか)を調査するときに使うコマンドです。
例えば「あなたのコンピュータから出たデータルータAを通ってルータBを通って相手のコンピュータに到着しましたよ~」といった情報を得ることができます。

書き方は

tracert [オプション] [対象のIPアドレス or ドメイン名]

です。

オプションは、ちらほらとあります。

オプション説明
-d結果をIPアドレスで表示する
-h【最大ホップ数】ホップ数の最大値を指定する
-j【ホストの一覧】「この機器を経由してね!」な指定をする。分からなければ気にしなくて良いよ
-w【ミリ秒】タイムアウトと判断する時間を指定する
-R「往復のパスをトレースします (IPv6 のみ)。」らしい
-S【ソースアドレス】「使用するソース アドレスです (IPv6 のみ)。」らしい
-4IPv4を使う
-6IPv6を使う

ですね。

オプションについては、あまり気にする必要はありません。
オプションを何も指定しないで

tracert examle.com

のように指定すれば、ほぼ事足ります。
オプションは、調査条件を変えるものがほとんどなので、必要になってから必要な分だけ覚えれば良いと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「tracert」ってコマンドが出てきたら「通信経路を調査するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク