[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ストアド

pointこの用語のポイント

pointデータベースのお話で出てくるよ

pointストアドプロシージャとかストアドファンクションの省略表現だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ストアドとは

ストアドプロシージャとかストアドファンクションのこと。
つまり

データベースに対する「あれやれ、これやれ」の命令をひとつにまとめて保存したもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

データベースは「データを入れておく箱」ね。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

ストアド

ストアドプロシージャストアドファンクションは、データベースに対する「あれやれ、これやれ」の命令を1つにまとめて保存したものです。
データベース世界における関数だと思ってください。

ストアドプロシージャとストアドファンクションの違いは、戻り値(関数から出てくるもの)の有無です。
戻り値が無いのがストアドプロシージャです。
戻り値が有るのがストアドファンクションになります。

ストアド2

以上を踏まえて、ストアドプロシージャやストアドファンクションを指す省略表現が「ストアド」です。
「ストアドプロシージャ」とか「ストアドファンクション」とか、いちいち全部言うのが面倒くさいときに使います。

個人的な経験から言えば「ストアドプロシージャ」を意図した「ストアド」の方が、登場機会は多い気がしますけどね。
いずれにせよ、データベースに対する命令を1つにまとめて保存したものを指す表現です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ストアド」って単語が出てきたら「ストアドプロシージャとかストアドファンクションのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク