[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

NTFS

pointこの用語のポイント

pointWindowsにおけるファイル管理の仕組みだよ

point最近のWindows(Windows NT系)でよく使われているよ

pointFATよりも新しいよ

point2015年6月現在、Macは対応していないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

NTFSとは

ファイルシステム(ファイルを管理する仕組み)のひとつ
であり

最近のWindowsで、よく使われているファイルシステム
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「ファイルシステム」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ファイルシステムは「コンピュータさんがファイルを管理する仕組み」です。
どうやってファイルを保存するかとか、どうやって必要なファイルを探してくるかとか、コンピュータさんがファイルを扱うための基本的な仕組みです。

NTFS

みなさんがファイルを扱うときには、Windowsさんに対して「ちょっくら、このファイルにこんなことをしてくんな」と代行依頼を出します。
ファイルに対する実際のあれこれは、みなさんの依頼に応えて、Windowsさんがしてくれているのです。

NTFS2

以上を踏まえて「実際のファイルを管理しているWindowsさんが、実際のファイルをあれこれするための仕組みのひとつ」が「NTFS」です。
NT File System(エヌティー・ファイル・システム)」の略で「NTFS」ね。
その名の通り、Windows NT系で使うために作られたファイルシステムです。

少し回り道になりますが、Windowsの歴史から見ていきましょう。

Windowsさんの中身の構造には「Windows 9x系」と「Windows NT系」の2つの系統があります。
Windows 9x系はWindows 95とかWindows 98です。
Windows NT系はWindows NTとか2000とかXP以降です。

Windows 9x系とWindows NT系では、Windowsさんの行うファイルの管理の仕方が違います。

Windows 9x系やそれ以前のWindowsでは「FAT(ファット)」と呼ばれる仕組みでファイルを管理していました。
FATにも「FAT16」や「FAT32」のように、いくつか種類がありますけどね。
とにかく、FATです。

それに対して、Windows NT系では「NTFS(エヌティーエフエス)」と呼ばれる仕組みでファイルを管理しています。
NTFSは、FATよりも新しく生まれた、ファイル管理の仕組みです。
そのため、FATよりも良い感じになるように作られています。

NTFSについて、Microsoftさんのホームページには、以下のような説明が書いてありました。

NTFS は、このバージョンの Windows で推奨されるファイル システムです。このファイル システムには、以前の FAT32 ファイル システムに比べて次のような多くの利点があります。
・ディスクに関連する一部のエラーから自動的に回復する機能 (FAT32 では不可能)
・大容量ハード ディスクのサポートの向上
・アクセス許可および暗号化を使用して特定のファイルへのアクセスを承認済みのユーザーに制限できることによる、セキュリティの向上


小難しい説明を読むのが苦手な方は、

以前の FAT32 ファイル システムに比べて次のような多くの利点があります。

に注目してください。
この一文から

・NTFSはFAT32より新しい
・NTFSはFAT32より多くの利点がある


と読み取れます。
つまり、NTFSはFATよりも素晴らしいのです!……とMicrosoftさんは言っています。
私の意見ではありません。
Microsoftさんが、そう言っているのです。

話をWindowsの歴史に戻します。

Windows XPはWindows NT系として登場しました。
そして、その段階でWindows 9x系は、歴史に幕を下ろしました。
2015年6月現在、Windows XP以降に登場したWindowsさんは、すべてWindows NT系です。

そんな歴史の流れに従い、Windowsさんのファイル管理のやり方もNTFSが中心になりました。
諸々の事情を考慮して、昔のFATを使えるようになっていたりもしますけどね。
時代の流れとしては

FAT16
 ↓
FAT32
 ↓
NTFS


になります。

また、話が少し余談めいてしまいますが、ディスクフォーマットする際には、FAT(FAT32)かNTFSを選択できるようになっているはずです。
※「ディスクをフォーマットする」が難しければ「ファイルとかを入れておく箱(記憶媒体)を初期化して使える状態にする」と読み替えてください。

これは「この箱(記憶媒体)はFATな管理の仕方で使えるように準備すれば良いの?それともNTFSな管理の仕方で使えるように準備した方が良いの?」と聞いています。

FATかNTFSかの選択ですが、最近のWindowsさんで使うのであれば、NTFSで良いです。
Macとかで扱う可能性があるのであれば、FATにしておいた方が無難だと思います。

NTFSを選んでしまうと、Macから扱うのが大変です。
将来的には対応してくれるかもしれませんが、2015年6月現在、MacからNTFSを選んで初期化したディスクの中を見たい場合には、あれやこれやの下準備が必要になります。
できなくはありませんが、めんどっちーのです。
そのため、Macで扱う場合にはFAT(FAT32)を選んで初期化するのが一般的です。

将来的には、また違ったファイル管理のやり方が出てくると思いますけどね。
取りあえず、2015年6月現在のWindowsさんにおけるファイル管理のやり方は、NTFSが主流です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「NTFS」って単語が出てきたら「最近のWindows(Windows NT系)で使われているファイル管理の仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク