[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

FAT16

pointこの用語のポイント

pointWindowsにおけるファイル管理の仕組みだよ

pointWindows 3.1まで(厳密には初期のWindows 95まで)のWindowsでよく使われていたよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

FAT16とは

ファイルシステム(ファイルを管理する仕組み)のひとつ
であり

Windows 3.1まで(厳密には初期のWindows 95まで)のWindowsで、よく使われていたファイルシステム
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「ファイルシステム」と「FAT(ファット)」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ファイルシステムは「コンピュータさんがファイルを管理する仕組み」です。
どうやってファイルを保存するかとか、どうやって必要なファイルを探してくるかとか、コンピュータさんがファイルを扱うための基本的な仕組みです。

FAT16

FATは「昔のWindowsで使われていたファイル管理の仕組み」です。
みなさんがファイルを扱うときには、Windowsさんに対して「ちょっくら、このファイルにこんなことをしてくんな」と代行依頼を出すのです。
ファイルに対する実際のあれこれはWindowsさんがしてくれます。
実際のファイルを管理しているWindowsさんが、実際のファイルをあれこれするための仕組みのひとつがFATです。

FAT162

FATに分類されるファイル管理の仕組みは、いくつかあります。

以上を踏まえて、FATの種類のひとつで、Windows 3.1まで(厳密には初期のWindows 95まで)のWindowsさんでよく使われていた仕組みが「FAT16」です。
16bitのうんちゃらかんちゃらだからFAT「16」らしいですよ。

というのがFAT16の大雑把な説明ですが「Windows 3.1まで(厳密には初期のWindows 95まで)」という部分を補足しておきますね。

一口に「Windows 95」と言っても、実際には中身の違うものがいくつかあります。
「Windows 95 ○○バージョン」みたいなイメージですね。

最初期のWindows 95はFAT16を使っていました。
ですが「Windows 95 OSR2」というバージョンからは「FAT32」という仕組みが使えるようになったのです。
そのため、Windows 95には「FAT16を使ったWindows 95」と「FAT32を使ったWindows 95」の2つがあります。

そのような経緯もあり、個人的にWindows 95はFAT32のイメージなので「Windows 3.1まで(厳密には初期のWindows 95まで)」という表現を用いました。
ちなみに、FAT32の説明では「Windows 95以降(厳密にはWindows 95 OSR2以降)」という表現を使っています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「FAT16」って単語が出てきたら「Windows 3.1までと一部のWidonws 95で使われていたファイル管理の仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク