[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

VRF

pointこの用語のポイント

pointルータの中に、なんちゃってルータを作る技術だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

VRFとは

一つのルータの中に、たくさんの「なんちゃってルータ」を作る技術のこと。
もう少し小難しい言い方をすると

1台のルータを、複数台の仮想ルータと見なして動かす技術のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは、予備知識から行きましょう。

ルータは「ネットワーク中のデータ(の中にあるIPアドレス)を見て、行き先を振り分けてくれる機器」ね。
ネットワークの中継役であり、交通整理員さんでもあります。

VRF

仮想化」という言葉も覚えておいてください。
ハードディスクメモリの振りをさせたり(仮想メモリ)、コンピュータの中になんちゃってコンピュータを作ったり(仮想マシン)、「別の奴にそれっぽく振る舞うよう頑張らせること」が、仮想化です。
「仮想○○」と出てきたら「なんちゃって○○」と読み替えれば意味は掴めると思います。

VRF2

あとは、そうですね。
ついでなので「ルーティング」と「フォワーディング」も覚えておきましょうか。

ルーティングは「ネットワーク上で行われる道案内」です。
要するに、ルータさんのやっているお仕事のことですね。

VRF3

フォワーディングは「何かを転送すること」です。
ルータ関連で登場するのは「IPフォワーディング」という用語ですけどね。
ルータさんのお仕事の一つです。

VRF4

ルーティングとフォワーディングの違いがよく分からなければ、ルーティングが「道案内」で、フォワーディングが「中継」と解釈してください。
それでも上手くイメージできなければ「どちらもルータさんのお仕事なんだな~」くらいの解釈でも構いません。

えっ?
それでもよく分からないですか?

それなら、別に気にしなくて良いですよ。
VRFを理解する上で、ルーティングとフォワーディングの意味が分からなくても問題はありません。
それなら何故わざわざ紹介したのかは、読み進めれば分かります。

予備知識として覚えておく必要があるのは、これくらいです。
一般的なVRFの説明では、ルーティングテーブルVLANMPLSといった用語もでてくる場合がありますが、気にする必要はありません。
このページではそこまで突っ込んだ説明はしない(できない)ので、これらの用語の意味が分からなくても大丈夫です。

それでは、予備知識の説明はこれくらいにして、VRFの説明に入りましょう。

あるところにルータが1台ありました。

VRF5

このルータに、コンピュータAからコンピュータDまでの4台のコンピュータがつながって、一つのネットワークを形作っています。

VRF6

ところがどっこい、諸事情により、このネットワークを2つに分けたくなりました。
具体的には、コンピュータAとコンピュータBで1つのネットワーク、コンピュータCとコンピュータDで1つのネットワークを形作るようにしたくなったのです。

VRF7

どうすれば良いでしょうね?

やり方はいろいろありますが、ルータを真っ二つにぶった切るのが簡単そうです。
コンピュータBのつながっている穴2とコンピュータCのつながっている穴3の間でぶった切れば、ネットワークは2つに分かれます。

VRF8

でも、本当に切るわけにはいきません。
そんなことをしたらルータがぶっ壊れてしまいます。

そこで、ルータの中になんちゃってルータを2つ作ることにしました。
物理的には1つのルータですが、気分的にはコンピュータAとコンピュータBの線が挿さった「なんちゃってルータα」と、コンピュータCとコンピュータDの線が挿さった「なんちゃってルータβ」がある状態にしたのです。

VRF9

これで、気分的にはルータがぶった切られました。
コンピュータAとコンピュータBとなんちゃってルータαで1つのネットワークが形作られます。
コンピュータCとコンピュータDとなんちゃってルータβで1つのネットワークが形作られます。

VRF10

ルータの中になんちゃってルータを作ることによって、ネットワークを分けることができましたね。

これを実現する技術、ルータの中になんちゃってルータを作る技術が「VRF」です。

Virtual Routing and Forwarding(ヴァーチャル・ルーティング・アンド・フォワーディング)」の頭文字を取って「VRF」ね。
直訳すると「仮想 ルーティングとフォワーディング」ですが、ルーティングとフォワーディングはルータさんのお仕事なので「仮想ルータ」と読み替えて構いません。

「ルーティングテーブルを分ける」のような表現をされることもありますが、言わんとしていることは同じです。

ルーティングテーブルを分ける≒ルータを分ける

です。

なお、VRFの具体的な仕組みや設定方法については、ここでは触れません。
興味がある方は、専門的に解説しているところで情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「VRF」って単語が出てきたら「ルータの中になんちゃってルータを作る技術なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク