[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

タイムスタンプ (timestamp)

pointこの用語のポイント

point何かの時刻を表す情報だよ

point存在証明用の時刻証明書を指すこともあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

タイムスタンプ (timestamp)とは

作成時刻とか、更新時刻とか、アクセス時刻とか、電子データに対して付与される何かの時刻を表す情報のこと。
あるいは

「この時間には確かにファイルがあったよ」を示す時刻証明書のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「タイム(time)」+「スタンプ(stamp)」で「タイムスタンプ(timestamp)」です。

タイムスタンプ

タイム(time)は「時間」とか「時刻」の意味ね。
タイムマシンのタイムです。

タイムスタンプ2

スタンプ(stamp)は「刻印」です。
ぺったんぺったん押すスタンプをイメージしてください。

タイムスタンプ3

それを踏まえて、ファイルなどの電子データに対して付与される時刻情報が「タイムスタンプ」です。
時刻の情報が「これが○○した時間ね」とぺったんぺったん刻印されます。

タイムスタンプ4

タイムスタンプを「電子データに付与される時刻情報の総称」と捉えても構いません。
例えばファイルの作成日時や更新日時、アクセス日時などが該当します。
「ファイルの更新日時を書き換えるね」の意図で「ファイルのタイムスタンプを更新するよ」と言ったりしますよ。

というのが、ゆるい解釈のタイムスタンプです。
システム開発の現場とかで、タイムスタンプがどーたらこーたら言われたら、こちらの意味でしょう。

ただし、世の中には「電子的な時刻証明書」を意図する「タイムスタンプ」もあります。

こちらのタイムスタンプは、言わば証明書の一種です。
「何年何月何日の何時何分何秒に、確かにこのファイルがあったよ」という証明書を用意することによって「うん、確かにこの時にこのファイルがあったね」というのを確認することができます。

この時に使う時刻証明書のことを「タイムスタンプ」と言います。

単なる時刻情報と存在証明用の時刻証明書の違いですね。
同じ「タイムスタンプ」ではありますし、意味も同じと言えば同じですが、区別して覚えた方が分かりやすいと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「タイムスタンプ」って単語が出てきたら「何かの時刻を表す情報なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク