[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

VPU

pointこの用語のポイント

pointパソコンの部品(半導体チップ)だよ

point画像に関する処理を主に担当するよ

pointGPUの親戚だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

VPUとは

画像に関する処理を主に担当するパソコンさんの部品(半導体チップ)で、GPUと似たようなもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

GPUは「画像に関する処理を主に担当するパソコンさんの部品(半導体チップ)」ね。
詳細は用語「GPU」の説明をご覧ください。

VPU

このGPUと同じような役割をする部品が「VPU」です。
GPUが「Graphics Processing Unit(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)」の略であるのに対し、VPUは「Visual Processing Unit(ビジュアル・プロセッシング・ユニット)」の略になります。

つまり「Graphics(グラフィックス)」か「Visual(ビジュアル)」かの違いですね。
何が違うのかさっぱり分からない人もいるでしょう。
私も分かりません。

歴史的な背景として、GPUは技術の進歩と共にパワーアップしてきました。
何がどうパワーアップしたのかと訊かれると困るのですが、とにかく、何かしらパワーアップしています。

そしてあるとき、どこかの誰かがパワーアップしたGPUに対して「よーし、ボクはこれに『VPU』って名前を付けちゃうぞー」と言い出しました。
「これはGPUを超えたGPUだ!」とでも考えたのでしょう。

それがVPUです。

GPUの親戚みたいなものですね。

違いはあれこれあったりするようですが、役割としてはGPUと同じです。
画面にあれやこれやを映すお仕事を担当しています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「VPU」って単語が出てきたら「画像処理を担当するパソコンの部品なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク