[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

熱暴走

pointこの用語のポイント

point高熱が原因で動作がおかしくなった状態だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

熱暴走とは

コンピュータさんが熱中症になっちゃった状態のこと。
もう少し真面目に書くと

部品とかの温度が本来の温度よりもめっちゃ高くなって、それが原因で動作がおかしくなっている状態のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

パソコンさんとかが、高熱が原因でおかしくなっている状態が「熱暴走」です。
熱中症になっちゃったイメージですね。

熱暴走

パソコンさんに限った話ではありませんが、今回はパソコンさんを例に説明します……の前に、我々人間について見てみましょう。

人間の身体は、いっぱい動くと体温が上がります。
普通は、動けば動くほど体温が上がります。

そのまま体温が上がり続けると大変です。
ぶっ倒れてしまいます。

それを避けるために、体温が高くなると、汗をかいたり、扇風機にあたったりして、体温調整をします。
できる限り体温を一定範囲内に保つことによって、人間様の健康は保たれているのです。

これが、人間様の身体の仕組みです。

それを踏まえて、読み進めてください。

パソコンさんも一生懸命お仕事をすると体温が上がります。
実際には、パソコンの中の部品、CPUハードディスクなどの温度ですけどね。
一生懸命お仕事をしていると熱くなってきます。

パソコンさんも人間と同じで、そのまま体温が上がり続けると大変です。
ぶっ倒れてしまいます。

それを避けるために、パソコンさんには「ファン」と呼ばれる扇風機が付いています。
この扇風機で風を送ることによって、部品を冷やし、温度を一定範囲内に保つのです。

もしも、この扇風機が壊れたらどうなるでしょう?

そうですね。
部品を冷やすことができません。
そうすると部品の温度はどんどん上がっていきます。
つまり、パソコンさんの体温がどんどん上がるわけです。

あとは人間様と同じです。
許容できる温度よりも高くなった時点で徐々におかしな動きを始め、最終的にはぶっ倒れてしまいます。

このように、許容できる温度よりも高くなっちゃって、おかしな動きをしている状態が、熱暴走です。

熱暴走の原因は、ファン(扇風機)の故障や、ホコリが溜まって熱がこもった状態になっている、放熱口を何かで塞いじゃった、など多種多様です。
ただ、いずれにせよ、温度がめっちゃ高くなっているのです。
何はともあれ、冷やしてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「熱暴走」って単語が出てきたら「温度が高くなって動作がおかしくなることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク