[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

マイクロセグメンテーション

pointこの用語のポイント

pointセグメントをできるだけ細かく分けるよ

pointそれぞれの影響範囲が小さくなるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

マイクロセグメンテーションとは

個人主義万歳!なネットワークの在り方。
もう少し真面目に書くと

ネットワークの単位をできるだけ細かく分けちゃうから、それぞれのネットワークで何かが起きても影響範囲が小さくて済むぜ、なやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

マイクロ」+「セグメンテーション」で「マイクロセグメンテーション」です。

マイクロセグメンテーション

マイクロは「百万分の1(10^-6)を指す単位」ですが、ここでは「すっごい小さいよ!」程度に解釈してください。

セグメンテーションは「セグメントを分けること」です。
セグメントは「全体を何らかの条件で分割した際の、それぞれの固まり」です。

マイクロセグメンテーションは主にネットワーク関連で登場する用語なので、ネットワーク関連で出てくる「セグメント」の意味を補足しておきますね。

例えば、いくつかのネットワークがくっついて一つの大きなネットワークになっているネットワークがあったとしましょう。

マイクロセグメンテーション2

このときのそれぞれのネットワークがセグメントです。

マイクロセグメンテーション3

見方によっては、1つの大きなネットワークを分割した際のそれぞれの固まりですからね。

マイクロセグメンテーション4

ネットワーク関連で出てくる「セグメント」の補足説明、終わり。

ここまでを踏まえて、ネットワークの固まりをすんごい細かく分けるのが、マイクロセグメンテーションです。
もう力いっぱい個人主義です。
他がどんなことになっても自分は影響を受けません。
逆に言えば、自分のネットワーク内で何が起きても、他に迷惑をかけないで済みます。

マイクロセグメンテーション5

というのが、マイクロセグメンテーションの大雑把な説明です。

あとは、いくつか補足しておきますね。

マイクロセグメンテーションの説明において「コリジョンドメイン」という言葉が出てくることがあります。
コリジョンドメインの意味は「ネットワーク上の交通事故が発生したときに、無関心ではいられない範囲(影響を受ける範囲)」です。

マイクロセグメンテーション6

よく分からない人は「何か起きたときの影響範囲」と読み替えてしまって構いません。
他人事でいられない範囲、要するに自分が関係するネットワークのことです。

お勉強していると「コリジョンドメインがL2スイッチポート単位になっている状態でうんちゃらかんちゃら」のような説明を見かけることもあると思いますが、難しく考える必要はありません。
単にスイッチングハブ(「送りたい人に対してだけきちんと伝えるよ」なハブ)の説明をしているだけです。

スイッチングハブでは、他の穴(ポート)に線を挿した機器同士は影響を受けません。
細かい理屈はすっ飛ばしますが、穴1に挿したコンピュータAの送るデータと穴2に挿したコンピュータBの送るデータがぶつかることは無いのです。
つまり、全部の機器を違う穴に挿していれば、交通事故は起こりません。

マイクロセグメンテーション7

これを小難しい言葉で説明すると「スイッチングハブは、ポート単位でコリジョンドメインが作られている」となります。
そして、この状態を「マイクロセグメンテーション」と言います。

あとは、VMWare(仮想マシンを作るソフト)関連でも「マイクロセグメンテーション」という用語が出てくるみたいですね。

VMWare関連で出てくるマイクロセグメンテーションは「ネットワークの単位をできるだけ細かく分けるやり方」と解釈して構いません。
あーだこーだをあーだこーだすることによって、ネットワークの単位を細かく分割して、他への影響を抑えるやり方です。

L2スイッチうんぬんで説明されるマイクロセグメンテーションとVMWare関連の説明で出てくるマイクロセグメンテーションは、分けて考えた方が(別の物と考えた方が)分かりやすいと思います。
一緒くたにして考えると、混乱するような気がします。

他にも「マイクロセグメンテーション」という用語が登場することはあるかもしれませんけどね。
いずれにせよ

・それぞれの固まりをできるだけ細かく分ける
・何かあったときの影響範囲が小さくて済む


という点さえ押さえておけば、ある程度の意味は掴めるはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「マイクロセグメンテーション」って単語が出てきたら「ネットワークの単位を、できるだけ細かく分けるやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク