[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ラベル (label)

pointこの用語のポイント

pointペタッと貼りつけておく目印だよ

point具体的に何を指すかはケース・バイ・ケースだよ

point一般的な意味でのラベルっぽい物を「ラベル」って呼んでるだけだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ラベル (label)とは

説明書きとかを書いてペタっと貼りつけておく目印のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

実はこの用語、用語リクエストでいただいた用語なのですけどね。
何を書いて良いか分からず、ちょっと困っています。

IT云々は関係無く、一般的に「ラベル(label)」と呼ばれているものがあるじゃないですか。
名前とか説明書きとかを書いてペタっと貼りつけておくアイツです。

ラベル

このラベルっぽい何かを、ITの分野でも「ラベル」と表現しています。

例えば、入力フォームがあったとしましょう。
「名前」とか「住所」とか書いてあって、その横には入力欄があって、一番下に「送信」ボタンとかが付いている画面です。

ラベル2

この画面における「名前」とか「住所」のような「この入力欄には何を入れてね」な項目名を「ラベル」と言います。

ラベル3

あるいは「MPLS」という通信の仕組みがあります。
MPLSの仕組みにおいては、送り出すデータに目印をくっつけて、その目印を元にしてデータの行き先を判断します。

ラベル4

このデータにくっつける目印も「ラベル」です。

ラベル5

あるいは……キリが無いのでこれくらいにしておきますね。

データや何かの領域に対して、名前や説明を書いてペタっと貼りつけておくものはすべて「ラベル」と表現してもおかしくありません。
具体的に何を指すかは、ケース・バイ・ケースです。

例えば、何かの文字列を「テキスト」と呼んだりしますよね。
でも、それが具体的に何を指すかはケース・バイ・ケースです。
画面に最初から表示する注釈メッセージかもしれませんし、何かの記事の内容かもしれません。
あるいは、単に「文字ですよ」と言いたいだけの可能性もあります。

ラベルも同じです。
具体的に何を指すかは、前後の文脈や分野などから判断してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ラベル」って単語が出てきたら「ペタッと貼りつけておく目印なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク