[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

セルフパワー【USB】 (self power)

pointこの用語のポイント

point電気を供給するやり方の一つだよ

pointコンセントから電気を供給するよ

point「バスパワー」と対比するときに使われる用語だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

セルフパワー【USB】 (self power)とは

「バスパワー」と対比されるときに使われる用語で、普通にコンセントから電気を供給すること
です。

image piyo

詳しく書くよ

パソコンさんをはじめとした電子機器は、電気が無いと身動きが取れません。
役立たずです。
そこで、どこかから電気を持ってきてお仕事をします。

セルフパワー【USB】

この、お仕事をするために必要な電気を、コンセントからゲットするやり方が「セルフパワー」です。

セルフパワー【USB】2

要するに、普通に電化製品を使うときのやり方ですね。

なんでわざわざ「セルフパワー」なんて呼び方があるかというと、セルフパワーじゃないやり方があるからです。

世の中には、お仕事するために必要な電気を、コンセントではなく、USBケーブル経由でゲットするやり方があります。
ちなみに、USBケーブルは「先っちょがUSBになっているケーブル」ね。
USBは「接続口の規格」です。

セルフパワー【USB】3

この「USBケーブル経由で電気を供給する仕組み」を「バスパワー」と言います。
USBケーブルを通じて、つながっている他の機器から電気を拝借するやり方です。

セルフパワー【USB】4

そして「セルフパワー」という表現は「バスパワー」と対比するためにあるのです。

USBケーブル経由で電気を供給するバスパワーに対し、普通にコンセントから電気を供給するセルフパワーですね。

セルフパワー【USB】5

「セルフパワー」は「バスパワー」とセットで登場することが多いです。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「セルフパワー」って単語が出てきたら「普通にコンセントから電気を供給することなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク