[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ICカードリーダライタ

pointこの用語のポイント

pointICカードの中身を読み取る機械だよ

pointICカードにデータを書き込む機能が付いている物もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ICカードリーダライタとは

ICカードの中身を読み取ったり、逆にICカードに情報を書き込む機械のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ICカード」+「リーダ」+「ライタ」で「ICカードリーダライタ」です。

ICカードリーダライタ

ICカードは「集積回路(IC)がくっついていて、情報を保管したり何かいろいろ処理をさせることができるカード」ね。

ICカードリーダライタ2

IC(集積回路)は「電気回路の部品をいくつか合体させて一つの部品にしたもの」です。
例えば、パソコンの蓋をカパっと開けて中を覗くと緑の基盤があるはずです。

ICカードリーダライタ3

その緑の基盤に乗っかっている黒くて四角な部品がICです。

ICカードリーダライタ4

リーダは英語で書くと「reader」で「読み取るもの」程度に解釈してください。
ライタは「writer」で「書き込むもの」です。

つまり「ICカードの中身を読み書きする機械」が「ICカードリーダライタ」です。

ICカードリーダライタ5

「ICカードリーダライタ」「ICカードリーダー/ライター」「ICカードリーダー・ライター」のように、表現の仕方はいくつかありますが、すべて同じものだと思って構いません。
すべて、ICカードの中身を読み書きする機械を表現しています。

一般的に売られているICカードリーダライタを使って、ICカードに何かを書き込む機会は少ないでしょう。
そのため「ん?書き込みなんてできるの?」と思う人がいるかもしれませんが、できます。
ただし、そのためには機械が書き込みに対応していて、書き込むためのプログラムソフト)を用意する必要があります。
逆に言うと、書き込むためのプログラムが公開されていないICカードの中身は書き換えることができません。
好き勝手に中身を変えられては困りますからね。
公開されていない場合も多いです。

書き込み機能付きのICカードリーダライタの例としては、そうですね。

例えば、電車に乗るときに使うあのカードを考えてみましょう。
電車に乗るときに使うあのカードは、改札口を通るときや自動販売機などで買い物をするときに、機械にピッとやりますよね。
そうすると、使った分のお金がカードの中身の残高から引かれます。
ICカードから元々あった残高が読み取られ、使った分を引いた分の残高がICカードに書き込まれたわけです。
電車のあのカードをピッとやる機械は、書き込み機能付きのICカードリーダライタと言えますね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ICカードリーダライタ」って単語が出てきたら「ICカードの中身を読み書きする機械なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク