[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

オートローダ (autoloader)

pointこの用語のポイント

pointテープ自動交換機能付きのバックアップ装置だよ

pointあるいは、何かを自動で読み込むやつだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

オートローダ (autoloader)とは

バックアップ用のテープを自分で勝手に交換してくれるバックアップ装置。
あるいは

何かを自動的に読み込んでくれるやつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

テープにバックアップを取る装置です。

その装置には、テープを入れるところが、いっぱい付いています。

テープの中がバックアップのデータでいっぱいになったら、装置が自動でテープを交換してくれます。

そんな大量データをバックアップするための装置が「オートローダ」です。
無理やり日本語にすれば「テープ自動交換機能付きバックアップ装置」ですかね。

オートローダ

あるいは、単純に「オート」+「ローダ」の意図で「オートローダ」という表現を使う場合もあります。

オートローダ2

オートは、そのまんま「Auto」です。
意味は「自動」ね。

ローダは「何かをどこかに読み込むやつ」です。
ロード(load)」+「~する人(er)」で「ローダ(loader)」ですね。
「人じゃないじゃん!」とツッコミたくなるかもしれませんが、ゆるく捉えてください。
ロードは「何かをどこかに読み込むこと」です。

オートローダ3

以上を踏まえて「自動的に何かをどこかに読み込むやつ」が「オートローダ」です。

出てきた「オートローダ」が、バックアップ装置を指すのか、自動で読み込むやつを指すのかは、前後の文脈から判断してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「オートローダ」って単語が出てきたら「テープ自動交換機能付きバックアップ装置、もしくは、何かを自動で読み込むやつなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク