[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ファズ (fuzz)

pointこの用語のポイント

pointテストで使う異常データだよ

point「ファジング」と呼ばれるテストで登場するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ファズ (fuzz)とは

異常系テストの一つであるファジング(変なデータを入れて不具合が起きないか確認するテスト)で使う異常データのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

異常系テストは「想定外のことを起こして、きちんと対処できるか確認する作業」ね。
例えば、変なデータを入れて動かしてみたり、本来あるべき物を取っ払ってから動かしてみたり、神に祈りを奉げてから動かしてみたりして、それでもヤバいことにならないかを確認する作業です。

この異常系テストの一つで「プログラムに変なデータを入れて、不具合が起きないかを確認するテスト」を「ファジング」と言います。

ファズ

「うん、そんなテストはプログラムを作る度にやってるよ。何をわざわざ仰々しい名前を付けているんだよ」と思うかもしれませんね。
わざわざ「ファジング」と言った場合は

1.自動的に
2.大量の異常データを
3.ガンガン突っ込んでガンガン確認する
4.その際、プログラムの中身は気にしない


的なニュアンスがあります。
職人の手作りによる一品ものではなくて、工場による大量生産で異常データを用意するイメージです。

そして、それらの異常データをオラオラオラー!と投入します。

そうすると、結果が「ぐへーぐへー」とガンガン出てくるので、それを元に「ちゃんと対処できてるよね?おかしなことになってないよね?」を確認するテストです。
「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」ではありませんが、質より量で勝負している感じですね。

このファジングにおいて使われる、異常データの呼び名が「ファズ」です。

変な名前が付いているからと言って、恐れる必要はありません。
ただのテストデータです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ファズ」って単語が出てきたら「ファジングっていうテストで使う異常データなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク