[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ファジング (fuzzing)

pointこの用語のポイント

point異常系のテストだよ

point変なデータを入れて、動きに問題が無いか確認するよ

point変なデータの生成やテストは、自動化して大量にやることが多いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ファジング (fuzzing)とは

異常系テストのひとつで、プログラムに対して変なデータを入力して「おかしなことにならないよね?」というのを確認する(のを自動化して大量にやる)テストのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「ファズテスト」の説明と、ほとんど同じです。既に「ファズテスト」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

異常系テストは「想定外のことを起こして、きちんと対処できるか確認する作業」ね。
例えば、変なデータを入れて動かしてみたり、本来あるべき物を取っ払ってから動かしてみたり、神に祈りを奉げてから動かしてみたりして、それでもヤバいことにならないかを確認する作業です。

この異常系テストのひとつで「プログラムに変なデータを入れて、不具合が起きないかを確認するテスト」が「ファジング」です。

ファジング

「うん、そんなテストはプログラムを作る度にやってるよ。何をわざわざ仰々しい名前を付けているんだよ」と思うかもしれませんね。
わざわざ「ファジング」と言った場合は

1.自動的に
2.大量の異常データを
3.ガンガン突っ込んでガンガン確認する
4.その際、プログラムの中身は気にしない


的なニュアンスがあります。
職人の手作りによる一品ものではなくて、工場による大量生産で異常データを用意するイメージです。

そして、それらの異常データをオラオラオラー!と投入します。

そうすると、結果が「ぐへーぐへー」とガンガン出てくるので、それを元に「ちゃんと対処できてるよね?おかしなことになってないよね?」を確認するテストです。
「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」ではありませんが、質より量で勝負している感じですね。

また、ファジングはブラックボックステストです。
ブラックボックステストは「プログラムの中身は気にしないで、何を入れると何が出てくるか?を確認するテスト」ね。
プログラムに入れるものと出てくるものにだけ着目して行うテストです。
プログラムの中身がどうなっているかは意識しません。

ファジング2

ここまでがファジングとは何ぞや?の概要です。

以下は補足説明になります。
用語の名称等を書いているだけですので、面倒くさければ読み飛ばしてください。

まず、ファジングは別名「ファズテスト」とも呼ばれます。
ファジングで使う大量の異常データは「ファズ」と言います。

ファジングをする際には、その多くを自動化して行います。
このファジングを自動化してくれるソフト「ファジングを手伝ってやるよソフト」は「ファジングツール」と呼ばれています。

パッと思い浮かぶ補足説明としては、そんなところでしょうか。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ファジング」って単語が出てきたら「変なデータを入れて不具合が起きないか確認する(のを自動化して大量にやる)テストなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク