[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

異常系テスト

pointこの用語のポイント

pointきちんと動くかの確認作業だよ

point予定外のことを起こして、きちんと対処されるか確認するよ

point避難訓練みたいなものだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

異常系テストとは

避難訓練みたいなもの。
もう少し具体的に書くと

その対象が想定外のことを起こして、きちんと対処できるか確認する作業
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「こんなおかしな事態になったけど大丈夫だよね?何とか対処できるよね?」を確認する作業が「異常系テスト」です。
言わば、その対象にとっての避難訓練みたいなものですね。

例えば、ピヨ太君がぴよぴよ苺大福製造機を作ったとしましょう。
ぴよぴよ苺大福製造機は、苺と大福を入れると苺大福に加工するのがお仕事の機械です。

異常系テスト

もう一度言います。

ぴよぴよ苺大福製造機は「苺」と「大福」を入れると「苺大福」に加工するのがお仕事の機械です。

それでは、このぴよぴよ苺大福製造機に「苺」と「ケーキ」を入れたらどうなるでしょう?

異常系テスト2

苺大福もどきになって出てくるのでしょうか。
それとも、苺ショートになっちゃったりするのでしょうか。
あるいは、機械が爆発してしまうかもしれません。

機械が爆発するのは、さすがにマズいです。

大丈夫だよね?
こんな無茶振りにも、ぴよぴよ苺大福製造機なりに対処してくれるよね?

このように、そいつが順調にお仕事をしている分には遭遇しないであろう状況を発生させ、問題無く対処できるかを確認するのが異常系テストです。

注意点として、軽い感じで「遭遇しないであろう状況を発生させ」と言いましたが、すべてを網羅しようとするとキリがありません。
「隕石が降ってきたら?」とかテスト項目に入れたら、上司から烈火の如く怒られるか、逆に完全スルーされるのがオチでしょう。

そのため、異常系テストの確認項目を作る際には「起こり得るけど想定外」な状況を頑張って想定し「個別ケースをある程度一般化して網羅する範囲を広くする」ことが重要になってきます。

例えば、ぴよぴよ苺大福の場合であれば

1.ぴよぴよ苺大福製造機にケーキを入れたらどうなるか?
2.ぴよぴよ苺大福製造機にミカンを入れたらどうなるか?
3.ぴよぴよ苺大福製造機に食べられないものを入れたらどうなるか?


ではなく

1.ぴよぴよ苺大福製造機に苺と大福以外を入れたらどうなるか?

と、まとめたりですね。

もちろん、これは一例です。

「うーん。食べられる物を入れたときと食べられない物を入れたときじゃ、違う動きをするんじゃないかな?」と感じたら

1.ぴよぴよ苺大福製造機に苺と大福以外の食べられるものを入れたらどうなるか?
2.ぴよぴよ苺大福製造機に食べられないものを入れたらどうなるか?


と分けて確認するべきでしょう。

何をどれだけテストするかの判断は、経験に依るところも多分にあります。
どんなテストをどこまでやれば良いか想像がつかない人は、過去のお仕事の資料を確認したり、先輩なり上司に相談してください。

異常系テストというのは、縁の下の力持ちです。
普段は日の目を見ることがありません。

ですが、異常系テストの手を抜くと、いざという時に大ピンチになったり、脆弱性(放っておくとヤバいところ)として悪い人たちに利用されたりします。
予算を確保しにくい部分ではありますが、出来る限りしっかりテストしてあげてください。

ちなみに、異常系テストがあるのですから「正常系テスト」もあります。
正常系テストは「予定しているお仕事を予定通りにこなせるか確認する作業」です。
ぴよぴよ苺大福製造機であれば、苺と大福を入れると本当に苺大福が出てくるか確認したりですね。

異常系テスト3

優先順位的には正常系テストの方が異常系テストよりも高いですが、世の中に送り出す前には必ず両方を行います。
「正常系テスト」と「異常系テスト」は、セットで覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「異常系テスト」って単語が出てきたら「想定外のことを起こして、きちんと対処できるか確認する作業なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク