[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

正常系テスト

pointこの用語のポイント

pointきちんと動くかの確認作業だよ

point本来やる予定のお仕事をさせて、きちんと動くかを確認するよ

pointリハーサルみたいなものだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

正常系テストとは

リハーサルみたいなもの。
もう少し具体的に書くと

その対象がやることになっているお仕事を、きちんとこなせるか確認する作業
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「おまえ、こんな仕事をやることになっているけど大丈夫だよね?きちんとできるよね?」を確認する作業が「正常系テスト」です。
言わば、その対象がやるお仕事のリハーサルみたいなものですね。

例えば、ピヨ太君がぴよぴよ苺大福製造機を作ったとしましょう。
ぴよぴよ苺大福製造機は、苺と大福を入れると苺大福に加工するのがお仕事の機械です。

正常系テスト

本当に?

本当に、苺と大福を入れると苺大福になってでてくるの?

それを確認するにはどうしたら良いでしょうか?

簡単ですね。
実際に苺と大福をぴよぴよ苺大福製造機に入れてみて、本当に苺大福になって出てくるかを見れば良いのです。

このように、そいつがやる予定のお仕事を実際にさせてみて、問題無くこなすかを確認するのが正常系テストです。

注意点として、一口に「問題無くこなすかを確認」と言っても、何をさせて何を確認するかはテストをする人(テストを作る人)次第です。
例えば、ぴよぴよ苺大福の場合であれば

1.苺と大福をぴよぴよ苺大福製造機に入れて苺大福が出てくるか?

を確認するのも一つのやり方でしょう。
確認する内容をもう少し細かく分けて

1.苺がぴよぴよ苺大福製造機に入るか?
2.大福がぴよぴよ苺大福製造機に入るか?
3.苺と大福をぴよぴよ苺大福製造機に入れて苺大福が出てくるか?


の順番で確認する人もいるはずです。

何をどれだけ細かくテストするかの判断は、経験に依るところも多分にあります。
どれくらいの細かさにすれば良いか想像がつかない人は、過去のお仕事の資料を確認したり、先輩なり上司に相談してください。

ちなみに、正常系テストがあるのですから「異常系テスト」もあります。
異常系テストは「想定外のことを起こして、きちんと対処できるか確認する作業」です。
ぴよぴよ苺大福製造機であれば、大福の代わりにケーキを入れて、どうなるか確認したりですね。

正常系テスト2

優先順位的には正常系テストの方が異常系テストよりも高いですが、世の中に送り出す前には必ず両方を行います。
「正常系テスト」と「異常系テスト」は、セットで覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「正常系テスト」って単語が出てきたら「予定しているお仕事を予定通りにこなせるか確認する作業なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク