[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

光通信

pointこの用語のポイント

point通信だよ

point通信途中のデータは光になってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

光通信とは

データを光信号に変換して行う通信方式のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「光」+「通信」で「光通信」です。

光通信

光は光ね。
ピカッ!な光です。

光通信2

通信は「情報を伝えること」です。

光通信3

つまり、データを光(光信号)に変換してやり取りするのが光通信です。
光通信では光を使って通信します。
そのまんまですね。

光通信4

本来の意味で言えば、光で伝え合う通信は全部「光通信」と呼べるでしょう。
例えば、鏡で光を反射して情報を伝え合うのも光通信です。

とはいえ「光通信」という用語が出てくるのは、インターネットの話が多いはずです。
インターネットの話で出てくる「光通信」は、多くの場合

光回線(素材が光ファイバーな線)を使ってやるインターネット

を意図しています。

もともと、インターネットのやり取りは電話線を使ってやっていました。
ISDNとかADSLとか呼ばれているやつらは電話線を使って通信しています。
電話線の中を通るのは電気信号です。
ISDNとかADSLは「電気通信」なのです。

光通信5

ある日、どこかの誰かが「電気よりも光の方が速いよね?」と考えました。
そして、電話線の代わりに光ファイバーな線(光回線)を使って通信できるようにしました。
光回線の中を通るのは光信号です。

光通信6

このような「光ファイバーな線(光回線)を使ってやる通信」が「光通信」です。
インターネットの話で「光通信」と出てきたら「光回線を使ってやるインターネット」と読み替えてください。
それで何となくの意味は、つかめるはずです。

ちなみに、半分余談ですが、ISDNやADSLから光に変えればインターネットが速くなるかと言えば必ずしもそうとは言えません。
パソコンさんの性能とかに影響されるからです。

電話線や光ファイバーな線(回線)は「道路」のイメージです。
それに対して、パソコンさんは「車」に相当します。

光通信7

ADSLが一般道だとしたら、光回線は高速道路です。
光回線の方が、ぶっ飛ばせます。
だから一般的に「ADSLよりも光の方が速い」と言われます。

光通信8

ただし、走るのは車です。
いくら普通の道路を高速道路に変えたからと言って、車がショボかったら出せるスピードには限界があります。

光通信9

回線を変えてデータのやり取りが速くなったとしても、受け取ったデータを処理するところで時間がかかれば同じです。
パソコンさんの性能がショボければ、結局、動きはモタモタします。

回線はインターネットの速さを決める要素のひとつですが、それがすべてではありません。
ご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「光通信」って単語が出てきたら「データを光にしてやり取りする通信なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク