[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

光通信

pointこの用語のポイント

point通信だよ

point通信途中のデータは光になってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

光通信とは

データを光信号に変換して行う通信方式のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

本来の意味で言えば光で伝え合う通信は全部「光通信」ですが、一般的に「光通信」と言えばインターネットをするときのお話が多いです。

それではインターネットをするときに聞く「光通信」とは何でしょうか?

インターネットをするときにやり取りされるデータが、光信号に変換されて行ったり来たりするのが「光通信」です。
回線光ファイバーでその中をデータがピカッ!と通るのです。
ちょっ速ですね。

「じゃあ光通信じゃない通信は何なんだ?」と思うかもしれませんね。
ADSLなんかは電気信号です。
電話線の中を電気がうにうに通ります。

ここで注意点です(--)b

ADSLから光に変えればインターネットが速くなるかと言えば一概にそうとは言えません。
パソコンさんの性能に影響されたりもします。

いくら普通の道路を高速道路に変えたからと言って、車が旧式だったら出せるスピードには限界がありますよね?
回線はインターネットの速さを決める一要素ですが、それがすべてではありません。
営業さんのセールストークにに騙されないようご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「光通信」って単語が出てきたら「データが光になって通る通信なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク