[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

電気配線シャフト (EPS)

pointこの用語のポイント

pointビルの各階をまたぐ縦穴だよ

point電気・通信関係の配線を通すよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

電気配線シャフト (EPS)とは

電気・通信関係の配線を通すために用意されている、建物の各階をまたぐ縦穴(空間)
です。

image piyo

詳しく書くよ

例えばオフィスビルなんかの配線をする際には、階をまたいで線をつなぎたいときがありますよね。
特に電話線なんかは、まとめて引き込んでそれを各階に分配する形を取るはずです。

このとき、各階が完全に分断されていては大変です。
短気なピヨ太君は天井をぶち抜いてしまうでしょう。

EPS

そのような事態を避けるために用意されている竪穴で、特に電気・通信関係の配線を通すためにあるのが「EPS」です。

EPS2

EPSは「Electric Pipe Shaft(エレクトリック・パイプ・シャフト)」もしくは「Electric Pipe Space(エレクトリック・パイプ・スペース)」の略で「EPS」だそうです。
直訳すると「電気・パイプ・シャフト」もしくは「電気・パイプ・スペース」ですね。
日本語にすると「電気配線シャフト」らしいですが、あまり一般的ではないようです。
素直に「EPS」と呼んだ方が、通りは良いと思います。

「EPS」とか横文字で書かれていると難しく感じるかもしれませんが、別に恐れる必要はありません。
単なる、電気(Electric)関係の線を通すための、管(Pipe)となる、竪穴(Shaft)です。
もしくは、電気(Electric)関係の線を通すための、管(Pipe)となる、空間(Space)です。

EPS3

実際に配線する際には、EPSの中を通して各階に通した線を、各階でさらに分配する形が多いみたいですけどね。

EPS4

細かいことは私もよく分からないので、専門的に解説しているところで情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「EPS」って単語が出てきたら「電気・通信関係の配線用に用意されている、各階をまたぐ竪穴(空間)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク