[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

光ディスク

pointこの用語のポイント

pointデータを保存する物だよ

pointデータを読み取るところがピカピカしてるよ

pointCDとかDVDのことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

光ディスクとは

CDとかDVDのこと。
もう少しきちんと書くと

記録するところがピカピカしている、円盤状の記憶媒体(データを記録しておく物)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「光学メディア」「光メディア」「光学ディスク」の説明と、ほとんど同じです。既にそれらの用語の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

順番に見ていきましょう。
まずは

記憶媒体
CD
DVD


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

記憶媒体は「データを記録しておく物」です。
記憶媒体に分類されるものには、ハードディスクUSBメモリなど、いくつかの種類があります。

光ディスク

記憶媒体はいろいろありますが、その中のひとつに「コンパクトディスク(CD)」と呼ばれるものがあります。
CDは円盤みたいな形をしていて、上手く投げると結構飛ぶ記憶媒体です。

光ディスク2

DVD」と呼ばれる記憶媒体もあります。
DVDは、CDと同じようなものですが、CDよりもたくさんのデータが入ります。
CDのパワーアップ版がDVDです。

光ディスク3

ここで、CDとDVDの共通点を探してみましょう。

分かりますか?

そうです。

投げやすい形をしているのです。

光ディスク4

冗談です。

光ディスク5

どちらも、裏面がピカピカしているのです。

光ディスク6

CDもDVDも、このピカピカしている面にデータが記録されます。
ですから、ピカピカしているところにガリガリガリ!と傷を付けると、せっかく記録した内容が読みだせなくなったりします。

以上を踏まえて、CDやDVDのように記録面がピカピカしている記憶媒体が「光ディスク」です。
他にも「光学メディア」「光メディア」「光学ディスク」のような呼び方がありますが、すべて同じものだと考えて構いません。
すべて、投げ心地の良い……じゃなかった、記録面がピカピカしている記憶媒体を指す用語です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「光ディスク」って単語が出てきたら「記録面がピカピカしている記憶媒体(データを記録しておく物)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク