[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

CD-Rドライブ

pointこの用語のポイント

pointCDの内容を読み込む機械だよ

pointCDに内容を書き込むこともできるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

CD-Rドライブとは

CDの内容を読み取ってコンピュータさんに「こんなん書いてあったよ」と伝えたり、コンピュータの中にあるデータをCDに書き込む機械
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

CDは「円盤の形をしている記憶媒体データを記録しておく物)」ね。
投げると結構よく飛びます。

CD-Rドライブ

CD-Rは「一回だけ書き込みができるCD」です。
最初は中身が空っぽで、一回だけデータを書き込むことができます。
追記はできますが、一度書き込んだデータの書き換えはできません。

CD-Rドライブ2

ドライブは「外部記憶装置(CDとかハードディスクとか)の中身を読み込んだり、逆に書き込んだりする奴」です。

CD-Rドライブ3

ここまでを踏まえて「CD-Rに対応しているCDドライブ」つまり「CDの内容を読み取ったり、逆にCDにデータを書き込むことができる機械」が「CD-Rドライブ」です。
CDの内容を読み取ってパソコンさんに「こんなん書いてありましたー」と伝えたり、逆に、パソコンさんからCDにデータを書き込むのをお仕事にしています。

私もきちんと把握しているわけではありませんが「CD-Rドライブ」という表記は過去のものだと思います。
今は、データを書き込むことができるCDとして、CD-R(一回だけ書き込みができるCD)以外にCD-RW(何回でも書き込みができるCD)がありますからね。
CD-RWドライブ」や「CD-R/RWドライブ」と表記される方が一般的です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「CD-Rドライブ」って単語が出てきたら「CDの内容を読み取ったり、CDにデータを書き込んだりする機械なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク