[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ビッグデータ (big data)

pointこの用語のポイント

pointデータだよ

pointめちゃめちゃ大量だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ビッグデータ (big data)とは

うそんっ!Σ(´・д・`)ってくらい大量のデータのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

今まではとても扱いきれなかった大量で多岐に渡るデータも、時代も進歩したしそろそろイケるんじゃね?ってことで出てきた言葉です。

例えば昔はインターネットで動画を見るなんて夢の世界でしたが、今では当たり前に見られますよね?
音楽のダウンロードなんかも以前はぼーっと待っていなくてはいけなかったのですが、今はそこそこ待っていれば完了します。
それは時代の進歩で回線の速度が速くなったからです。

それと同じように今までは「とても扱いきれんべ」って思われた規模のデータも技術の進歩で「そろそろイケるんじゃね?」と思えるようになってきました。

その「今までは『とても扱いきれんべ』ってな規模のデータ」を指して「ビックデータ」と呼びます。

扱えるデータが変わればできることも変わりますからね。
例えば携帯のGPS情報を全国民分分析できるようになれば、社会心理学や防災の分野で新しい光が差すかもしれません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ビッグデータ」って単語が出てきたら「すっごい大量のデータなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク