[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DVD+RW

pointこの用語のポイント

pointDVDだよ

point最初は中身が空っぽだよ

point何回でもデータを書き込むことができるよ(書き換えができるよ)

point「DVD+RWアライアンス」って団体さんが決めた規格だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DVD+RWとは

何回でも書き込みができるDVD。
もう少し具体的に書くと

DVD+RWアライアンスという名前の団体さんが決めた規格で、最初は中身が空っぽで、何回でもデータを書き込むことができるDVD(円盤状の記憶媒体)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

記憶媒体は「データを記録しておく物」ね。
記憶媒体に分類されるものには、ハードディスクUSBメモリなど、いくつかの種類があります。

DVD+RW

記憶媒体はいろいろありますが、その中の一つに「DVD」と呼ばれるものがあります。
DVDは円盤みたいな形をしています。
見た目はCDっぽいですが、CDよりも投げ心地が良く、飛距離も出る記憶媒体です。

DVD+RW2

冗談です。

DVD+RW3

CDっぽいやつだけど、CDよりもデータがたくさん入るのが、DVDです。

DVD+RW4

このDVDですが、一口に「DVD」と言っても、いくつかの種類があります。
「中を見ることはできるけど書き込むことはできないDVD」「一回だけ書き込むことができるDVD」「何回でも書き込むことができるDVD」等です。

この、いくつかある種類の中の一つで「DVD+RWアライアンスという名前の団体さんが決めた規格」であり「何回でも書き込むことができるDVD」が「DVD+RW」です。

DVD+RWは最初は中身が空っぽです。
みなさんの好きなデータを入れることができます。
そして、何回でも中身を書き換えることができます。
失敗したらやり直せば良いのです。飽きたら書き換えれば良いのです。

それがDVD+RWです。

ちなみに、DVD+RWと似たようなものに「DVD-RW」という規格があります。

DVD+RWとDVD-RWの違いは、一言で言えば「規格を決めたところが違う」です。
DVD+RWのような「+」の規格は、DVD+RWアライアンスという名前の団体さんが決めました。
それに対して、DVD-RWのような「-」の規格は、DVDフォーラムという団体さんが作りました。
もともとはDVD-RWが作られて、それが面白くなかった人たちがDVD+RWを作った、といったような経緯です。

細かい違いはいろいろありますけどね。
最近のDVDプレーヤーは「+」も「-」も再生できるものがほとんどなので、あまり気にしなくて良いと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DVD+RW」って単語が出てきたら「何回でもデータを書き込めるDVDなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク