[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

CD-RW

pointこの用語のポイント

pointCDだよ

point最初は中身が空っぽだよ

point何回でもデータを書き込むことができるよ(書き換えができるよ)

スポンサーリンク

簡単に書くよ

CD-RWとは

何回でも書き込みができるCD。
もう少し具体的に書くと

最初は中身が空っぽで、何回でもデータを書き込むことができる(書き換えができる)CD(円盤状の記憶媒体)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

記憶媒体は「データを記録しておく物」ね。
記憶媒体に分類されるものには、ハードディスクUSBメモリなど、いくつかの種類があります。

CD-RW

記憶媒体はいろいろありますが、その中の一つに「コンパクトディスク(CD)」と呼ばれるものがあります。
CDは円盤みたいな形をしていて、上手く投げると結構飛ぶ記憶媒体です。

CD-RW2

CDをさらに細かく見ると「中を見ることはできるけど書き込むことはできないCD」「一回だけ書き込むことができるCD」「何回でも書き込むことができるCD」に分けられます。

この3種類のCDのうち「何回でも書き込むことができるCD」が「CD-RW」です。
Compact Disc ReWritable(コンパクト・ディスク・リライタブル)」の略で「CD-RW」ですが、別に覚える必要はありません。

CD-RW3

CD-RWは最初は中身が空っぽです。
みなさんの好きなデータを入れることができます。
そして、何回でも中身を書き換えることができます。
失敗したらやり直せば良いのです。飽きたら書き換えれば良いのです。

「自慢げに言ってるけど、それって普通じゃないの?」と思うかもしれませんね。
確かにそうです。
ハードディスクもUSBメモリも、普通に中身を書き換えることができます。

でも、CDは違うのです。

もともと、CDは「中を見ることはできるけど書き込むことはできないCD(CD-ROM)」しかありませんでした。
それが技術の進歩と共に「一回だけ書き込むことができるCD(CD-R)」が生まれ、やっとこさ「何回でも書き込むことができるCD(CD-RW)」まで来たのです。

素晴らしい!

実際には「CDのデータがいっぱい入る版」である「DVD」なんてのが出てきたので、CD自体、下火ですけどね。
ある意味では、CDの最終形がCD-RWです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「CD-RW」って単語が出てきたら「何回でもデータを書き込めるCDなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク