[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

CD-R

pointこの用語のポイント

pointCDだよ

point最初は中身が空っぽだよ

point一回だけデータを書き込むことができるよ(書き換えはできないよ)

スポンサーリンク

簡単に書くよ

CD-Rとは

一回だけ書き込みができるCD。
もう少し具体的に書くと

最初は中身が空っぽで、一回だけデータを書き込むことができる(一度書き込んだら書き換えはできない)CD(円盤状の記憶媒体)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

記憶媒体は「データを記録しておく物」ね。
記憶媒体に分類されるものには、ハードディスクUSBメモリなど、いくつかの種類があります。

CD-R

記憶媒体はいろいろありますが、その中の一つに「コンパクトディスク(CD)」と呼ばれるものがあります。
CDは円盤みたいな形をしていて、上手く投げると結構飛ぶ記憶媒体です。

CD-R2

CDをさらに細かく見ると「中を見ることはできるけど書き込むことはできないCD」「一回だけ書き込むことができるCD」「何回でも書き込むことができるCD」に分けられます。

この3種類のCDのうち「一回だけ書き込むことができるCD」が「CD-R」です。
Compact Disc Recordable(コンパクト・ディスク・レコーダブル)」の略で「CD-R」ですが、別に覚える必要はありません。

CD-R3

CD-Rは最初は中身が空っぽです。
みなさんの好きなデータを入れることができます。

ただし、書き換えはできません。(物によりますが、追記はできます。)
一度入れたら、それで終わりです。一発勝負です。
一度データを書き込んだら、それ以降は「中を見ることはできるけど書き込むことはできないCD」と同じ物として扱うことになります。

なお「中を見ることはできるけど書き込むことはできないCD」は「CD-ROM」、「何回でも書き込むことができるCD」は「CD-RW」と言います。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「CD-R」って単語が出てきたら「一回だけデータを書き込めるCDなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク