[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コンパクトディスク (CD)

pointこの用語のポイント

pointデータを記録しておく物だよ

point円盤みたいな形をしているよ

point上手く投げると結構飛ぶよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コンパクトディスク (CD)とは

円盤の形をしている記憶媒体(データを記録しておく物)
です。

image piyo

詳しく書くよ

記憶媒体は「データを記録しておく物」ね。
記憶媒体に分類されるものには、ハードディスクUSBメモリなど、いくつかの種類があります。

コンパクトディスク(CD)

この記憶媒体のひとつで、円盤みたいな形をしていて、投げると結構飛ぶのが「コンパクトディスク(CD)」です。

コンパクトディスク(CD)2

一言で「コンパクトディスク(CD)」と言っても、細かく見ると、以下の種類に分けられます。

名前内容
CD-ROM最初からデータが入っていて、見ることだけできるCD。「Compact Disc Read Only Memory」の省略表現。
CD-R最初は中身が空っぽで、一度だけデータを書き込むことができるCD。「Compact Disc Recordable」の省略表現。
CD-RW最初は中身が空っぽで、何回でもデータを書き込む(書き換える)ことができるCD。「Compact Disc ReWritable」の省略表現。

覚えるのが苦手な人は「ROM」が読むだけ、「R」が1回だけ書ける、「RW」が何回でも書ける、の部分だけ覚えてください。

個人的には「同じ『R』で意味の違う単語を使うあたり、名前を付けるセンスねーなー」と思っていたりしますが、そんなことを言うと怒られそうなので、胸のうちに留めています。
みなさんも、突っ込まないであげてくださいね。

ちなみに、CDと似たようなやつで「DVD」がいます。
DVDは「データをいっぱい入れられるようになったCD」です。
CDが成長して大きくなったのがDVD、なイメージですね。

CDとDVDの違いは、細かく見るといろいろあるでしょうが、普通に生活する分には「中に入れられるデータの量が違う」程度の理解で大丈夫です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コンパクトディスク(CD)」って単語が出てきたら「円盤状の記憶媒体なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク