[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

プリ現センター

pointこの用語のポイント

pointパソコンとかに対する出荷前の設定作業をする場所だよ

point出荷する機器に対して、初期設定とか各種ソフトのインストールとかをやっているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

プリ現センターとは

キッティング作業をやる場所のこと。
もう少し具体的に書くと

ソフトのインストールや各種設定など、パソコンとかの機器に対して、出荷する前にやるべき作業をやる場所のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

プリ現は「ソフトインストールや各種設定など、設置する機器を現地に持っていく前にできる作業を事前にやってしまうこと」ね。
一般的には、お客さま先に設置する機器が用意できたら、必要に応じてプリ現して、梱包してお客さま先に持って行って、設置(現調)する流れになります。

プリ現センター

……というのがプリ現の意味ですが、ここでは「初期設定」くらいのニュアンスで捉えてください。
パソコンを使えるように準備したり、オーダーメイドであれば、注文に合わせてあれやこれやの調整を行う作業です。

そんなプリ現の意味を踏まえて、出荷するパソコンとかに対してプリ現をする場所、つまり、ソフトのインストールや各種設定を行う場所が「プリ現センターー」です。

「プリ現」自体がマイナーと言えばマイナーな言い回しですからね。
キッティング」という用語を知っている人は「キッティング作業をやる場所」と解釈するのが分かりやすいと思います。
ちなみに、キッティングは「パソコンを組み立てたり、各種設定をしたり、ネットワークの配線をしたり、使えるように準備してあげる作業」です。

実際のところ、私はお仕事をしていて「プリ現センター」という表現を聞いたことはありません。
「キッティングセンター」の方が一般的な表現だと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「プリ現センター」って単語が出てきたら「パソコンの初期設定作業とかをする場所なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク