[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ストレージエリアネットワーク (SAN)

pointこの用語のポイント

point外付けハードディスクとやり取りするための専用ネットワークだよ

pointネットワークそのものを指す場合もあれば、やり方を指す場合もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ストレージエリアネットワーク (SAN)とは

データをしまっておく箱とやり取りするための専用のネットワークのこと。
あるいは

データをしまっておく箱とやり取りするための専用のネットワークを作って、そこを経由してコンピュータと箱の間でデータをやり取りするやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

まず予備知識として、NAS(ネットワークアタッチトストレージ)について説明しますね。
NASは「ネットワークに取り付けた、データをしまっておく箱」です。
言い方を変えれば「ネットワークを経由して使える外付けハードディスク」と言えるでしょう。

NASは、ネットワークにプスっと挿して使います。
プスっと挿されたネットワークの中にいるパソコンさんは、挿した外付けハードディスクを自分のハードディスクとして使うことができます。
みんなが自分のハードディスクとして使えるので、結果として共有してる状態になります。

ストレージエリアネットワーク(SAN)

さて、このNASですが、ちょっと残念なことがあります。
それは「興味の無い奴らにとっては邪魔」ということです。

NASはパソコンさんと、ネットワークを経由して、データをやり取りします。
「しまっておいてー」と言われたデータを中に入れたり「これ、ちょーだい」と言われたデータを出したりするのがお仕事ですが、そのときに使うネットワークは他の人たちも使っているネットワークです。
インターネットのデータやメールのデータなんかも、同じところを通ります。

ストレージエリアネットワーク(SAN)2

そうすると、邪魔ですよね。
インターネットのデータやメールのデータからすれば「狭いんだよ。おまえ、どっか行けよ」でしょうし、NASからしても「邪魔なんだよ。データが届くのが遅くなるだろー」でしょう。

そんな問題を解消するために、NAS(というか外付けハードディスク)は、独立することにしました。
具体的には、外付けハードディスクたちで自分たち専用のネットワークを作り、パソコンさんとやり取りすることにしたのです。

ストレージエリアネットワーク(SAN)3

もちろん、このネットワークは自分たち専用です。
インターネットのデータやメールのデータはやってきません。
外付けハードディスクの外付けハードディスクによる外付けハードディスクのためのネットワークです。

ストレージエリアネットワーク(SAN)4

このようにして、住み分けができました。
外付けハードディスクさんたちは、他の影響を受けないので、高速でやり取りができます。
インターネットのデータやメールのデータにとっても、余計な奴らがいないので、助かるでしょう。

このお話における「外付けハードディスク専用のネットワーク」が「ストレージエリアネットワーク(SAN)」です。
文字通り「データをしまっておく箱(storage)用の区域(area)なネットワーク(network)」ですね。

ストレージエリアネットワーク(SAN)5

あるいは、このような専用のネットワークを作るやり方自体を指して「ストレージエリアネットワーク(SAN)」と呼ぶ場合もあります。
NASやDAS(箱を直接コンピュータに挿すやり方)と比較される形で登場した場合は、ネットワークそのものではなく、やり方を指していると解釈した方が良いでしょうね。
どちらを指すかは、前後の文脈から適当に判断してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ストレージエリアネットワーク(SAN)」って単語が出てきたら「ハードディスクとやり取りする専用のネットワーク(を作るやり方)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク