[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ダイレクトアタッチトストレージ (DAS)

pointこの用語のポイント

pointデータをしまっておく箱だよ

pointコンピュータに直接くっつけるよ

pointNASと対比するための用語だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ダイレクトアタッチトストレージ (DAS)とは

コンピュータに直接くっつけた外付けハードディスクのことで、NASと対比するときに使われる用語
です。

image piyo

詳しく書くよ

その名の通り「直接(direct)取り付けた(attached)データをしまっておく箱(storage)」が「ダイレクトアタッチトストレージ」です。

ダイレクトアタッチトストレージ(DAS)

長ったらしいので「Direct Attached Storage」の頭文字を取って「DAS」と呼ばれることが多いです。
※本ページでも以降は「DAS」と表現します。

まず予備知識として、NAS(ネットワークアタッチトストレージ)について説明しますね。
NASは「ネットワークに取り付けた、データをしまっておく箱」です。
言い方を変えれば「ネットワークを経由して使える外付けハードディスク」と言えるでしょう。

NASは、ネットワークにプスっと挿して使います。
プスっと挿されたネットワークの中にいるパソコンさんは、挿した外付けハードディスクを自分のハードディスクとして使うことができます。
みんなが自分のハードディスクとして使えるので、結果として共有してる状態になります。

ダイレクトアタッチトストレージ(DAS)2

世の中にある外付けハードディスクは、必ずしもネットワークにプスっと挿すものばかりではありません。
パソコンさんに直接挿して使うものもあります。

このパソコンさんに直接挿して使う外付けハードディスクにも、ちょっとカッコ良い呼び名が欲しいですね。
「ネットワークアタッチトストレージ(NAS)」のようなSFチックでエレガントな呼び名が欲しいです。

そのような経緯で生まれた……かどうかは実際には知りませんが、恐らくそんな展開で生まれたであろう「コンピュータに直接挿す外付けハードディスク」を意味する用語が「ダイレクトアタッチトストレージ(DAS)」です。

DASは主に、NASと対比させるために使います。
ネットワークに挿すNASに対し、コンピュータに挿すDAS、との位置付けです。

ダイレクトアタッチトストレージ(DAS)3

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ダイレクトアタッチトストレージ(DAS)」って単語が出てきたら「コンピュータに直接くっつけた外付けハードディスクなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク