[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

WMA

pointこの用語のポイント

point音声ファイルの形式だよ

pointMicrosoftさんが考えたよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

WMAとは

「Windows Media Audio」のこと。
つまり

Microsoftさんが考えた音声ファイルの形式
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「Windows Media Audio」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Windows Media Audioは「マイクロソフトさんが考えた音声ファイルの形式」です。

音声ファイルの形式には、MP3.mp3)やWAV.wav)、RealAudio.ra)など、いくつかの種類があります。

WMA

Windows Media Audioは、その中のひとつです。

以上を踏まえて、Windows Media Audioを省略した表現が「WMA」です。
Windows Media Audio(ウィンドウズ・メディア・オーディオ)」の頭文字を取って「WMA」ですね。

ファイル拡張子は「.wma」にするのが一般的です。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

WMA2

繰り返しになりますが、WMAはマイクロソフトさんが生み出した音声ファイル形式です。
Windows Media PlayerWindowsに最初からくっついている動画や音声の再生ソフト)などのソフトがWMA形式に対応しています。

細かい部分を見ていくと結構ややこしいですが、普通に生活する分には「音声ファイルの形式」とだけ覚えておけば、事足りると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「WMA」って単語が出てきたら「音声ファイルの形式なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク