[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.ram【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointRealMedia(RealVideo、RealAudio)形式のファイルの置き場所が書いてあるファイルに付くよ

point中身はただのテキストファイルだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.ram【拡張子】とは

RealMedia(RealVideo、RealAudio)形式の動画・音声ファイルに対するリンクが書いてあるファイルに付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

RealVideoは「動画ファイルの形式の一つ」ね。

動画ファイルの形式には、MP4.mp4)やWMV.wmv)、FLV.flv)など、いくつかの種類があります。

.ram

RealVideoは、その中の一つです。

RealAudioは「音声ファイルの形式の一つ」です。

音声ファイルの形式にも、MP3.mp3)やWAV.wav)をはじめ、いくつかの種類があります。

.ram2

RealAudioは、その中の一つです。

そしてRealVideoとRealAudioを一緒くたにした表現として「RealMedia」があります。
実際には違うかもしれませんが「RealMedia」と出てきたら「RealVideoとRealAudio」と読み替えてしまって構いません。
要は動画・音声ファイルですよ。

それを踏まえて、RealMedia(RealVideo、RealAudio)形式の動画・音声ファイル……の場所が書いてあるファイルに付く拡張子が「.ram」です。

.ram3

……と言われても、よく分からないですよね?
これから説明しますので、大丈夫です。

前提として、拡張子「.ram」のファイルは、一般的に「RealPlayer」という名前のソフトで開きます。
よって、ここから先の説明は、RealPlayerで拡張子「.ram」のファイルを開くものとして話を進めますね。

拡張子「.ram」のファイルは、実際にはテキストファイル(中身が文字だけのファイル)です。
中には「お目当ての動画・音声ファイルは、ここにあるよ~」な情報が書いてあります。

RealPlayerで拡張子「.ram」のファイルを開くと、RealPlayerさんは「.ram」ファイルの中身を見て、お目当ての動画・音声ファイルがどこにあるかを確認します。
その後、RealPlayerさんがお目当ての動画・音声ファイルを取りに行ってくれるのです。
さらに、お目当ての動画・音声ファイルを入手したRealPlayerさんは、その流れでもって、入手した動画・音声ファイルを再生してくれます。

この一連の流れはとてもスムーズなので、実際には

拡張子「.ram」のファイルを開く
 ↓
ファイルの中身を見て、動画・音声ファイルを入手
 ↓
入手した動画・音声ファイルを再生


の流れですが、みなさんの目には

拡張子「.ram」のファイルを開く
 ↓
動画・音声ファイルを再生


に見えるかもしれませんね。

拡張子「.ram」のファイルを開くと動画や音声が再生されるので

拡張子「.ram」のファイル = 動画・音声ファイル

に見えるかもしれませんが、実際には違います。
拡張子「.ram」のファイルは、あくまで「動画・音声ファイルがどこにあるよ~」な情報が書いてあるファイルです。
実際には、舞台裏でRealPlayerさんが目的のファイルを持ってきて、その上で再生してくれています。

小難しい言い回しをしているところでは「メタ(情報)ファイル」などと説明しているはずです。
これは、拡張子「.ram」のファイルが、動画・音声そのものではなく、動画・音声の「ある場所が書いてある」ファイルだからです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.ram」って拡張子が付いていたら「RealMedia形式の動画・音声ファイルの置いてある場所が書いてあるファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク