[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ASIC

pointこの用語のポイント

point集積回路(IC)だよ

pointオーダーメイドだよ

point用途に合わせて作られた物だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ASICとは

オーダメイドな集積回路のこと。
もう少し具体的に書くと

特定の用途に使うために「こんなの作ってよ~」と依頼して作ってもらった集積回路のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

集積回路は「電気回路の部品をいくつか合体させて一つの部品にしたもので、黒くて四角いアイツ」ね。
例えば、パソコンの蓋をカパっと開けて中を覗くと、緑の基盤があるはずです。
そして、その緑の基盤には黒くて四角い部品がくっついています。
その黒くて四角い部品が集積回路(IC)です。

ASIC

もしかしたら「IC」と言った方が分かる人もいるかもしれませんね。
「ICチップ」の「IC」です。

さて、この集積回路ですが、普通に売られているものは汎用品です。
部品メーカーさんが「こんな風に作れば、いろんなところで使えるかな~」と考えて作ったものです。

ところが、それでは事足りない場合があります。
「実はこんなことをやりたいんだけどね。この汎用品だとちょっと使えないんだ。もう少しこんな感じの集積回路が欲しいんだけどな~」な場合です。

そんなときは、部品メーカーさんに「ねーねー。こんな感じの集積回路を作ってよ」とお願いをします。
「こんなんやりたいから、そのための物を作れ!」です。

この「こんなんやりたいから、そのための物を作れ!」で作られた集積回路が「ASIC」です。
言わば、特注品ですね。
汎用品で何とかならないから、その用途に合うようにオーダーメイドされた集積回路です。

ASICの説明では、よく「特定用途向け」のような表現を見かけますよね。
それは

こんなんやりたい
 ↓
汎用品ではできない
 ↓
(その用途に合うように=特定用途向けに)特別に作るか~


の流れで作られた集積回路がASICだからです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ASIC」って単語が出てきたら「オーダメイドな集積回路なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク